スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨスガノソラ 最終話「ハルカナソラへ」(12月4週 金曜日)

奈緒と梢から向けられた言葉と視線が悠を現実に引き戻す。さらに親戚から、悠と穹を一人ずつなら引き取っていいという連絡が入り、この機会に別れてしまった方が互いのためなのではないかと悠は考えるが…。
悠の考えに反発しながらも、自分の想いが悠を苦しめていることにも悩む穹。
そしてある日、穹は突然姿を消し…。


うーむ…これは、どうなんだろうか?
幸せになれる道を探しに行くヨ!みたいなこと言ってたけどさあ、知ってる人が誰もいない海外に行っちゃったってのは、ただの逃げですよね。亮平あたりは2人の仲を認めてくれてる雰囲気だったけど、あれは海外に逃げるという道を選ばざるを得なかった2人に対する同情から来てるものだろうし…。もっと本気で世間と戦うか、穹の言うように現実を切り捨てて2人だけの世界で生きていくか。なんとも中途半端な結末でした。ていうか悠って穹を叩いたことを謝ってないですよね。どこまでもダメな男だ…。

眼鏡は、自分と付き合ってるはずの男が実妹とセクロスしてる現場を目撃してしまったのに、それでも2人のために一生懸命になってくれるという…。素晴らしい。素晴らしく都合のいい女です。都合がいいというか、諦めが良すぎるというか。委員長が眼鏡にキレた気持ちもちょっと分かるかもなあ。

というわけで、ストーリー的には残念な部分しか無く、結局エロだけかよという作品でした。評価はCで。

スポンサーサイト

ヨスガノソラ 第11話「ソラメクフタリ」(12月3週 金曜日)

穹の痴態が脳裏に焼き付いて離れない悠。熱を出して倒れた穹の看病がきっかけで、2人の想いは止まらなくなり、ついに一線を越える。急に人目を気にせずイチャイチャしだした2人のことを訝しむクラスメイトたち。そして、奈緒と梢は悠たちの決定的な現場を目撃してしまう…。


玄関開けたら2分でセクロス。タガが外れてこれまで溜まっていた欲求が大爆発、鍵も掛けず、外に声がダダ漏れな状態で玄関でやりまくってた悠たちですが、まんまと近親相姦の現場を見られて現行犯タイーホ。
委員長、これまでの話ではまったく見せ場が無かったくせに、今回は急にやたらと絡んできますね。それにしても携帯電話の件は何だったのか?単に悠が携帯を忘れてたってだけなら、委員長が家に届けるか、一晩くらい携帯が無くても死にゃしないんだから気にせずほっとけばいいと思いますが、委員長はなぜか届けに行くのを躊躇ってたし、お隣さんの奈緒が届けてくれるってんなら委員長まで付いていく必要は無いのに付いていってるし…。よく分からないシーンでした。

さて、そんなわけで禁断の関係が周囲に知られてしまった2人。予告の雰囲気だと心中エンドになりそうですが、でもこの作品の予告は詐欺ってる場合があるからどうなることやら…。

ヨスガノソラ 第10話「トリノソラネハ」(12月2週 金曜日)

奈緒と付き合うことになった悠。しかし悠の心にはまだ迷いがあり…。
そんなある日、悠は穹の衝撃的な姿を目撃してしまう…。


バス停の待合小屋が出てくると、眼鏡が焼死しかけたことを思い出して笑えてくる…。

というわけで、ようやく今回から穹ルート。眼鏡とキスした後からの分岐なんですね。眼鏡のカマセっぷりが半端ない。そして穹の邪悪っぷりも半端ない…。悠と日曜に約束してたってのも嘘なら、悠が離れていく夢を見たってのもきっと嘘。もちろん泣いてたのも嘘。他のルートだと穹もそんなことなかったのに、眼鏡だけはどうしても悠から引き離したいらしい。まあ、あんなビッチ眼鏡を義姉にしたくないという気持ちはよく分かるけど…。

そしてラストは穹の2度目のオナーニ。それを覗きながらハァハァシコシコしてた悠は、賢者タイムに突入した途端に「最低だ、俺って」って感じで涙?まあオナーニを目撃したから穹への気持ちを抑えきれなくなった、なんてのはかなりアレなので、次回でもっとちゃんとしたきっかけが描かれることを願います。

ヨスガノソラ 第5話「ヤミアキラカニ」(11月1週 金曜日)

瑛と一葉の関係を知った悠。さらに悠は、瑛と子供の頃に会っていたことを思い出して、瑛のことを意識するようになり…。
あっという間に深い仲になった2人は、まだ生きているかもしれない瑛の母親について調べ始める。そんな中、瑛が巫女として舞うお祭りの日がやってきて…。


悠「お姉ちゃん…だと…?」
 A:急いでその場を離れる
⇒B:呆然として立ち尽くす

というわけで、選択肢を選び直して瑛ルートに突入した第5話でしたが…。
何年も前に道端に落としたペンダントを探そうという発想がオカシイ…。
これで「なんて優しいイケメンなの!好き!」なんて普通思うかなあ…。
「は?ww見つかるわけねーしww好感度稼ぎに必死すぎwww」ってウザく感じるだけのように思いますが…。
瑛は瑛で、恋人関係でもないのにいきなり風呂に乱入してそのままヤっちまうとか、ただのビッチやん…。誘われるがままにヤってしまう悠には罪は無いですが。この状況で自制できる男なんて、世界中で結城リトくらいのもんです。

そんな感じで、不自然すぎる流れで晴れて恋人関係になった2人ですが、もちろんハッピーエンドの前には不幸イベントを乗り越える必要があります。
果たして、瑛の心の奥の闇とは何なのか?「くっ、早くここから離れろ…!俺の中の闇が暴走する前に…!」みたいなことではないでしょうが…。

ヨスガノソラ 第4話「ハルカズハート」(10月5週 金曜日)

瑛が過労で倒れた。一葉は悠に夢中になりすぎて瑛の不調に気付けなかった自分を責め、瑛の世話をしようとするが、瑛の思いがけない言葉を受けて自分の本当の心が分からなくなり…。
復調した瑛の誕生日会も欠席、仮病を使って学校を休み続ける一葉。
悠はやひろや初佳から話を聞き、一葉の父親が一葉の言うような悪い人ではないと確信。一葉をお祭りに連れ出し、そして2人は、優しい笑顔で瑛の頭を撫でる一葉の父親の姿を目撃する…。


今回で一葉ルート終了。次回は2話のラストからセーブ&ロードして瑛ルートをやるようです。
公式サイトのBD/DVD版の情報を見た感じだと、一葉と瑛が2話ラストからの分岐、穹とメガネが1話ラストからの分岐で、委員長は攻略対象外…。
こういうやり方で全ルートを補完するのは、成功するかどうかはともかく、新しい手法の1つとしてアリだとは思いますが…。1クールのアニメで4ルートも描こうとすると、どうしても1ルートあたりの内容が薄っぺらくなりますねえ…。今回の一葉ルートは正直かなり凡作でした。穹ちんのルートは第1話+4話分で他のヒロインより話数が多いので、それなりの内容に仕上げてくれることを期待したいですが…。

あと、いろいろ話題になってるらしいHシーンですが…。
アニメでああも具体的に描く必要あるのかなあ…。アニメでHシーンやられても、それをオカズにしようとは思わないでしょ。…そうでもない?
まあ自分としては、露骨なHシーンを入れられるよりも、1話の穹ちんのオナーニみたいな、行為を匂わすような見せ方をされた方がドキドキするのになと思ったのでした。…単に穹ちんにしか興味が無いだけ?否定はしないぜ!

カレンダー
01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
今期のアニメ感想
とくになし
最新イベントレポート
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
星恋*ティンクル
プロフィール

管理人:アレル・ニア(あれる)

ほぼ休業状態

maikyodai@えxcite.co.jp

検索フォーム
Twitter
  
QRコード
QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。