スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫神やおよろず 最終話「奇縁宿縁コンテンション」

繭を奪還すべく天界に乗り込む、笹鳴、メイ子、ゴン太。
繭ママの力で地の果てに追い払われても諦めず、ついにツクヨミと対峙。
圧倒的な神力に押しつぶされながらも必死に抵抗する笹鳴たち。ツクヨミは笹鳴たちの心の強さを認め、繭を解放する。
もともとツクヨミは2人目の守猫として繭を欲していただけだったが、それをアマテラスが勘違いして今回の見合い騒動になっていたのだ。

繭は守猫の件はとりあえず棚上げにして人間界に帰ってくる。
八百万堂に、再びにぎやかな日常が戻ったのだった…。



砂漠のシーンでゴン太の作画がテキトーになってたのが面白かった。
前回も繭と柚子のシーンでゴン太がアッカリーンになってましたが、しかしそんな扱いにもめげずに、ビビリながらもツクヨミと戦おうとするゴン太はカッコよかったよ!柚子に見てもらえなくて残念でしたね!

そのツクヨミは別にロリコンだったわけではなく、繭を部下として欲しいだけだったのでした。まぎらわしいロリコン顔しやがって!
まあそんなわけで、天音のことも含めてすべてが元鞘で。
これまでに登場した神様がみんな遊びに来て、にぎやかなハッピーエンドとなったのでした。

というわけで、最終回でしたが…。
評価はC+くらいで。たまに面白い話もありましたが、全体的にはパッとしない感じ。
でも声優陣が自分好みだったのと、芳乃が今期No.1の可愛さだったので、その分ちょっとプラスにしときます。

スポンサーサイト

テーマ : 猫神やおよろず
ジャンル : アニメ・コミック

猫神やおよろず 第11話「どら猫ランアフター」

繭と親交を深めた天音。人間界の良さを知り、また自分の欠点にも気付けたことで、天界に帰ることにする。
繭は守猫の任を断るためにツクヨミの元へ。しかし、繭ママの命令を受けたクロエに騙され、座敷牢に囚われてしまう…。
そしてその頃。繭ママに呼び出されていた笹鳴とメイ子は、繭がツクヨミと見合いをするという話を聞き…。



あれ、バトル展開になるのかと思いきや、人間界に紛れ込んでいた根津魅を1匹やっつけただけ…?
次回予告でも根津魅軍団と戦いそうな気配は無いし、なんだか拍子抜けでした。

さて、繭が高天原に行くという話を聞いて、柚子は異様に暗い雰囲気。
何のフラグかと思ったら、なんと繭がツクヨミに寝取られてしまうとは!
ツクヨミめ、偉い神様のくせにロリコン野郎だったとは…。確かに、言われてみればそれっぽい顔ではある。
というわけで…。笹鳴、メイ子!お前らの真の敵は根津魅などではなく、あのロリコン神だ!もう最終回で2期も無いだろうし、後のことは考えず思う存分やっておしまい!

テーマ : 猫神やおよろず
ジャンル : アニメ・コミック

猫神やおよろず 第10話「迷い猫オンジアース」

猫神の天音は、蔵菊理姫神と共に月の蔵を守って根津魅と戦っていた。
しかしある日、蔵菊理姫神と月の神・ツクヨミが、天音が担っていた守猫の役目を繭に譲ると話しているのを聞いてしまいショックを受ける…。

繭がどんな猫神なのか見に来た天音は、繭のあまりのぐうたらぶりに激怒。
笹鳴が、高天原に戻るようにという繭ママからの伝言を繭に伝えるが、繭は人間界の方が居心地がいいと言って拒否。
そして天音も、繭や柚子たちと一晩過ごしたことで、気持ちに変化が生じ始めていた…。

だがその頃、人間界にも月と同じく、邪悪な根津魅の影が…?



高天原と月の関係がよくわからなくて、見ててちょっと混乱しました…。

さて今回は、新キャラの天音オーバーラン。
繭、笹鳴に続いて天音も猫神。この世界では、神様の種類としては猫神が一番メジャーなんでしょうか。
菊理姫は実際のところは天音を解雇しようとしてたわけでは無さそうですが、しかし、天音が精神的に未熟なのは確か。
対して繭は、普段は極めてだらしないダメな神様ですが、意外と人の気持ちに敏感だったり、人を素直に助けてあげることができる。
ツクヨミ様が、勝手に人間界に降りた天音をすぐ連れ戻さず、しばらく様子を見ようと言ったのは、繭と一緒にいることで天音が成長してくれればという考えなのでしょう。

そんなツクヨミ様の狙い通り、天音は繭の姿から何かを感じ取ってくれたようですが、そんなところに何やら事件発生、次回はバトル展開になる?
これは、ようやくメイ子や笹鳴に活躍のチャンス到来でしょうか。
OPの餅つきのような、息のあったプレイで根津魅どもを蹴散らすぜ!

テーマ : 猫神やおよろず
ジャンル : アニメ・コミック

猫神やおよろず 第9話「レイニーレイニー」

ある雨の日、繭は柚子と出会った日のことを思い出す…。

高天原を追放された繭が落とされたのは、寂れた神社だった。そこには一匹のネコの亡霊が住み着いていたが、そのネコは繭が神様だと知ると、縄張りを譲る代わりに一人の少女を守って欲しいと頼む。
その少女とは柚子のことだった。何か願いは無いか尋ねる繭に、柚子は、行方不明になっているネコ『小鉄』を探して欲しいと言うが、その小鉄とは神社にいたネコの亡霊のことで…。

辛い気持ちを隠し、神力を使って小鉄を探そうとする繭。柚子も本当は、小鉄にはもう会えないことを分かっていた。しかし、その2人の前に小鉄が姿を現して…。



繭の話を聞いてる芳乃のリアクションがいちいち可愛い!アワアワ怯えてるシーンでは、普段はスカートで隠されている貴重な絶対領域を見ることができました。

さて今回のお話は、繭と柚子の過去回ふたたび。
一匹狼を気取ってる小鉄も、柚子の優しさに触れたら心を開かずにはいられない。
繭の気持ち。柚子の気持ち。そして小鉄の気持ち。ちょっぴりジーンと来るようなラストでしたね。
人もネコも一人は寂しい。両親を亡くして一人ぼっちだった柚子も、人間界に落とされて一人ぼっちだった繭も、今はたくさんの仲間たちに囲まれて楽しく暮らしているのでした。

テーマ : 猫神やおよろず
ジャンル : アニメ・コミック

猫神やおよろず 第8話「むこうぶちダイスロール」

ゴン太ママとの博打勝負に負け、お小遣いと大切なゲームソフトを取り上げられてしまった繭。
なんとかゲームを取り返そうと、柚子と一緒にバイトするフリをして神社に潜入。
柚子をエサにしてゴン太を遠ざけ、ゲームを探していた繭は、ゴン太ママが博打でイカサマをしていたと知る!
繭はゲームを賭け、ゴン太ママと一発勝負をすることになるが…。



謎の効果音を響かせながら手をぷらぷらさせてる芳乃かわいい!
なんか柚子の巫女姿に興味津々だったみたいだけど、芳乃も巫女コスしてくれればよかったのに…。まったくゴン太は気が利かなくて困る。お前は何のために神社にいるんだ!美少女に巫女服着せるためだろ!

そんな気が利かないゴン太ですが、巫女柚子を前にして舞い上がりまくってる姿は面白かった。相変わらず「ポロリ」にも反応しまくりなのも面白くて、「ぬるぽ」「ガッ」みたいな定番ネタになりつつありますね。
そして笑いだけでなく、意外と仕事に対して真面目だったり、繭に借りパクされたゲームを「そんなに欲しいならやるよ」と譲ってくれたり、ゴン太の好感度がアップしたお話でもありました。

一方、ナンプラーラーメンで大儲けした元社長は、調子に乗って昔の強欲社長に戻ってしまった…?
せっかく改心したと思ったのに、やはりカネか。カネが人を狂わせるのか。
そんな元社長は、客として来ていたしゃもをまたしても怒らせるようなことをやらかしてましたが、これでまた破産させられてしまうのかな…。

テーマ : 猫神やおよろず
ジャンル : アニメ・コミック

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
今期のアニメ感想
とくになし
最新イベントレポート
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
星恋*ティンクル
プロフィール

管理人:アレル・ニア(あれる)

ほぼ休業状態

maikyodai@えxcite.co.jp

検索フォーム
Twitter
  
QRコード
QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。