FC2ブログ

アニメ感想10月1週 木曜日

大正野球娘。 第11話「そゞろに胸の打ち騒ぐ」



ついに朝香中との試合当日!しかし娘が野球をやっていることを知った小梅の父は怒り狂って小梅を勘当、同じく晶子の父は晶子を軟禁してしまう…。

なんとか試合に間に合った二人。魔球を効果的に使って善戦するが、朝香中ナインも魔球対策に乗り出し、ここからが本当の勝負!の第11話。

桜花会がこれほどまともな野球部にるとは誰が想像しただろうか…。

頑張った証だから隠さない小梅のマメだらけの手。それが、娘の意志を頭ごなしに否定するオヤジ’sへの怒りを倍増させますが、まあ晶子の方はともかく、小梅の親父は、娘に信用してもらえなかったことが悔しくて意固地になってるだけで、野球をやることを否定してるわけではないのでしょう。多分。

さて、試合の方はかなりの盛り上がり。晶子の魔球はカットボールか。

果たしてデータマン柳の魔球対策とは。晶子のフォームの癖でも見抜かれた?




アラド戦記~スラップアップパーティー~ 最終話「さよならパーティ これにて終幕!」



ロクシーの命と引き換えに復活したバロン。その最後の一撃がハイネを貫き、ついにアラド大陸は救われた。

バロンは正気に戻ったベヒーモスから、カザンの呪いを解くことができる『ベヒーモスの涙』を手に入れる。しかしバロンはそれを自分のためではなくステラのために使い、仲間たちと共に新たな旅に出発するのだった…の最終話。

しばらく見てなかったので、何がどうなってこういう展開になってたのかはまったく分かりませんが、でも、いい最終回だったと思います。

Aパートの最後に流れてた曲はRPGのEDっぽくて良かったですね。

イルベクの行動は、すべては妹のステラを救うためだった?

生還したバロンに真っ先に抱きついたのはリュンメイではなくイクシアで、バロンは自分のことよりステラを最優先。どいつもこいつも妹やロリが好きってわけか。ったく、とんだ変態ヒーローだぜ…。




↓アラド戦記の良さが4分で分かる動画

【ニコニコ動画】アラド戦記 1st OP 「PARTY PLAY」 MAD


Pandora Hearts 最終話「否定の彼方へ」



自分をアヴィスに落としたのが父・ザイだったと知ったオズ。

バスカヴィルが根城にしているサブリエに行き、ついに父と再会。

誰に否定されようとも自分は自分としてあり続けると宣言、父親のトラウマを乗り越えた最終話。

清々しいほどに、あらゆる謎を残しっぱなしで終わったなあ…。

アニメオリジナルの形で一応の決着をつけても良かったのに。

あらゆる謎を放置してますが原作を尊重しています、ってことなのか。

そして、ちょっと調べただけでバスカヴィルの居場所が分かっちゃうってのはどうなのか。だったらパンドラはなぜバスカヴィルの討伐に動かなかったのか。ヴィンセントが妨害していたという可能性もあるけど…。

成長後のエイダが登場するあたりまでは面白かったけど、バルマ公が出てきたあたりからいろいろとゴチャゴチャしてきてイマイチになってしまったなあ。

ていうか、エイダとシャロンをもっと活躍させろと…。

というわけで、評価はB+。原作コミックスは買いたいけど、本棚に余裕が無いんだよなあ…。




CANAAN 第12話「忌殺劣者」



帰りの列車の中、カナンが席を外しているタイミングでマリアとユンユンの前に現れるアルファルド。アルファルドはマリアに重傷を負わせて爆弾を仕掛けた車両に閉じ込め、カナンの本当の力を引き出させようとする。

一方、マリアはカナンのために死を選び、ユンユンに自分のいる車両を切り離させた第12話。

なんだかいきなり急展開。マリア絶対死ぬやん…。爆弾が偽物でない限り。

アルファルドはやっぱり悪人なんだなあ。マリアを生かしておいたのは自分の目的のため、マリアを殺すのも自分の目的のため。

アルファルドの目的とは、本気のカナンを殺すこと?そして自分こそがシャムの希望なのだと証明したい?アルファルドの行動原理はシャムへの愛なのか?



スポンサーサイト



カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
今期のアニメ感想
とくになし
最新イベントレポート
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
星恋*ティンクル
プロフィール

管理人:アレル・ニア(あれる)

ほぼ休業状態

maikyodai@えxcite.co.jp

検索フォーム
Twitter
  
QRコード
QR