FC2ブログ

アニメ感想10月4週 水曜日

とある科学の超電磁砲 第3話「ねらわれた常盤台」



常盤台の生徒を狙った事件が連続で発生し、ちょうど常盤台の制服を借りていた涙子も襲われてしまう。犯人は他者に認識されなくなる能力の使い手だが、鏡やカメラには姿が映るという弱点があった。涙子たちは飾利のサポートの元、犯人を追い詰めていく第3話。

『軽音部!』だと、まゆげの人が一番美人だよね。

さて、なんで田村ゆかりを使う必要があったのかまったく分からないまゆげな犯人。透明化の能力ということで、レールガンなんかよりよっぽど欲しいですが、レベル2にしては高性能すぎる?まゆげに手を貸した黒幕がいるということか?第3話にして早くもラスボスの伏線か?




うみねこのなく頃に 第17話「Episode?-? promotion」



ベアトリーチェは人にとっての命の意味を知るため譲治の元へ行き、紗音を蘇らせる。しかし直後に譲治と紗音は魔女絵羽の手に掛かり…。さらに惨劇を続ける魔女絵羽にベアトリーチェは…の第17話。

ベアトはもう完全にデレモード。もうずっとこのままなの?

これまで戦人が見てきたのは、人の手による殺人を魔法でやったっぽく改変したウソの映像だったはずだけど、ベアトのザオリクとかはどう捉えればいいんだろうか…。

それにしても長男殿はいまだにまったくいいところが無いな。




DARKER THAN BLACK -流星の双子- 第1話「黒猫は星の夢を見ない…」 第2話「堕ちた流星」



ロシアに住む少女スオウ。ある日、家を謎の組織に襲撃され、父親は死亡、契約者である双子の弟シオンとは離れ離れに。スオウは追っ手のヘイと出会ったことで、能力者の戦いに巻き込まれていく第1話、第2話。

TVKの土曜深夜ばりにアニメが集中する水曜日の新たな刺客。

前作がどう終わったのかまったく覚えてないけど…。

ヘイが浮浪者になってたり、前作を生き延びたエイプリルがあっさり死んだり、オーガストなのに7だったりと驚きの連続。まあバトルシーンは良くできてるし、なんだかんだで面白い。ていうか、オーガストはどう考えても最強っぽかったんだけど、なんで負けたんだろう…。




そらのおとしもの 第3話「エンジェロイド初体験(0シレイ)」



英四郎の家がある川原でのキャンプ生活の中、イカロスは『楽しい』という気持ちを初めて自覚するようになる第3話。

今回はちょっとシリアス回?第3話にして早くもイカロスの正体を訝しみはじめた英四郎。確かにあれでは愛玩用というより戦闘用。異世界で戦闘用兵器として扱われていたのだろうか。そもそもあのカードがあれば、『滅べ』と念じるだけで戦争は終わってしまうのだけど…。

そして、英四郎の家庭の問題も少し見え隠れ?英四郎は、家族に嫌われ、存在を抹消された自分が生きていける場所として新大陸を求めているんだろうか。




11eyes 第3話「孤独な誇り」



強くなりたいと焦り、美鈴に剣を習う駆。しかし、にわか仕込みの剣では『赤い夜』では通用せず、黒騎士に倒されてしまうが、そんな駆を助けてくれたのは…?

そして元の世界に戻った駆たちは、雪子を新たな仲間として紹介された第3話。

校舎裏で1人で木刀振り回して剣術の修行。い、痛すぎる…。

雪子は意外といいメガネかもしれない。美鈴のピンチを救ってくれたのは雪子か。

黒騎士の巨漢は、いかにも真っ先にやられそうなタイプのわりには強かったし頑張ったけど、でもやっぱり真っ先にやられてしまいました。

俺の嫁2号の水晶姫リゼットは、どうやら美鈴が憧れているという、何十年も前に破門された陰陽師?駆が元凶だというお姉ちゃん?のメッセージ。駆が見た謎の夢。前世の駆を救うためにリゼットが外法に手を出して、それが赤い夜を生むきっかけになったとかそんな感じなのか。



スポンサーサイト



カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
今期のアニメ感想
とくになし
最新イベントレポート
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
星恋*ティンクル
プロフィール

管理人:アレル・ニア(あれる)

ほぼ休業状態

maikyodai@えxcite.co.jp

検索フォーム
Twitter
  
QRコード
QR