FC2ブログ

GOSICK-ゴシック- 第6話「灰色の狼は同胞を呼びよせる」(2月3週 月曜日)

町に遊びに行っていた久城とアブリルは、露店で売られていた高そうな皿が盗まれる事件に遭遇。ヴィクトリカは、露店主のシスターが犯人だとブロワ警部に告げるのだが、なぜか犯人は捕まらず…。
翌日の新聞に、夏至祭への参加を『灰色狼』に向けて呼びかける記事が掲載される。新聞を久城から見せられたヴィクトリカは、その夜、一人で灰色狼の村ホロヴィッツに行こうとするが、久城に発見され、一緒に汽車に乗る。久城に『灰色狼』である母コルデリアのことを話すヴィクトリカ。そしてその汽車には、同じように村に向かう例のシスターも乗っていた…。
道中でさらに3人の男とも合流し、久城たち6人は村に到着。しかし、村人たちはヴィクトリカに対して敵意を剥き出しにしていて…。


罪人扱いされている母の名誉回復のために、いざホロヴィッツへ…の巻。
ヴィクトリカと久城の仲違いイベントとか、ヴィクトリカの異常な痛がり設定には何か意味があったのか…。ホロヴィッツで村人に囲まれた時に「そうだ、灰色狼は痛みに弱いんだった!」っつってデコピン連発でピンチを切り抜けるというわけでもないでしょうが。

さて、今回は新キャラも続々と登場。
重要そうなキャラは、町で手品をしていたブライアンと、泥棒だと疑われているシスターミルドレッド。
ブライアンは、久城がヴィクトリカの友達だと知ってて、手品でコルデリアの帽子を出して久城に渡したっぽい。彼は今回のシリーズだけでなく、作品全体のキーパーソンになりそうかも…?
シスターはなぜか回りくどい方法で皿を盗みましたが、あの皿が灰色狼の謎と何か関係がある?しかし、これからおそらく村で殺人事件が起きるんでしょうけど、シスターはその犯人にはならない気がします。この手の話のパターン的に。シスターが死ぬ可能性も低そうです。
道中で合流した男3人は…おそらくその中で、最低でも2人は死にますね。パターン的に。1人が生き残ったとしたら、きっとそいつが犯人だ!

スポンサーサイト



カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
最新記事
今期のアニメ感想
とくになし
最新イベントレポート
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
星恋*ティンクル
プロフィール

管理人:アレル・ニア(あれる)

ほぼ休業状態

maikyodai@えxcite.co.jp

検索フォーム
Twitter
  
QRコード
QR