FC2ブログ

GOSICK-ゴシック- 最終話「死神の肩越しに永遠をみる」(7月2週 月曜日)

ヴィクトリカの命を狙うブライアン(B)だったが、久城との再会の日まで生きたいと懇願するヴィクトリカにコルデリアの姿を重ね、ヴィクトリカの逃亡を手助けすることにする。
2人は船に乗り込む時にブロワ警部に見つかるが、警部はヴィクトリカに気付かないフリをしつつ、その頭脳を使って逃げ切ってみせろとエールを送る。
ブライアン(B)は、ヴィクトリカと揉み合いになった際に崖から落ちて瀕死の重傷を負っており、船内で力尽きて死亡。
ヴィクトリカは追っ手から逃れるために髪を銀に染める。そしてこの船にはロジェも乗っており、久城がヴィクトリカに送った手紙の束をヴィクトリカに渡すのだった…。

久城を求め、一人きりで長い旅に出たヴィクトリカ。
生き残り、ヴィクトリカを守るために戦い続ける久城。
やがて戦争が終わる。そして2人は…。



王様、ロジェとBLエンドとは…。

久城がヴィクトリカに送った手紙は検閲に引っかかってたのか、あるいはちゃんと届いてたけど侯爵がヴィクトリカに渡すはずもなく、まとめて捨てられようとしていたのか。
ともかく、その手紙をなぜかロジェが入手していてヴィクトリカに渡してくれて、それがラストのヴィクトリカと久城の再会に結びついたのでした。
ロジェはどこかで出てくるかなーとは思ってましたが、随分とオイシイ役どころでしたね。
ヴィクトリカを助けてくれたのは、同じ灰色狼としての仲間意識でしょうか。
セイルーン王国を再興しようとしてたくらいの灰色狼至上主義者ですからね…。

ヴィクトリカのペンダントに隠されていた、久城の描いた絵。
その中にブロワ警部もちゃんと描かれていたのが良かった。久城は警部のことも友達だと思ってくれていたんですね。
そんな久城の気持ちを踏みにじったかに思われた警部でしたが、最後の最後でようやくデレてくれて、ヴィクトリカを助けてくれました。
久城を日本に帰したのも、久城が侯爵に殺されたり、苦しめられたりすることを心配してのことだったのかもしれませんね。
疑ってごめんよ警部!やっぱりアンタはカッコイイよ!
でもドリルヘアをやめちゃったのは残念だよ!

てなもんで。
ブライアン(B)は瀕死になるにしても、ヴィクトリカを追っ手から守った結果だったらカッコよかったのに…とか、久城の下半身が吹っ飛んでたシーンは何だったの…?とか、いろいろ思うところはありましたが…。
でも、キャラクターたちみんなの思いが伝わってくる、いい最終回でした。
やっぱりハッピーエンドはいいものです。銀髪ヴィクトリカもいいものです。
というわけで、評価はBで。

テーマ : GOSICK-ゴシック-
ジャンル : アニメ・コミック

カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
今期のアニメ感想
とくになし
最新イベントレポート
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
星恋*ティンクル
プロフィール

管理人:アレル・ニア(あれる)

ほぼ休業状態

maikyodai@えxcite.co.jp

検索フォーム
Twitter
  
QRコード
QR