FC2ブログ

ダンタリアンの書架 #7 第8話「調香師」(8月5週 月曜日)

王都で評判の揚げパンを買いに来たヒューイとダリアンは、有名な香水会社の社長令嬢で、『ブルートランス』という香水を作った天才調香師のフィオナと出会う。
フィオナの屋敷に招待されたヒューイたち。そこにパドゥーク商会という犯罪組織の社長ヴァンスと、ヴァンスに雇われた殺し屋ノスがやってきて、フィオナの父親を始めとする屋敷の人間が皆殺しにされてしまう…。
彼らの狙いは、麻薬同然の効果を持つ香水『レリック』の調合レシピ。レシピを入手したヴァンスはフィオナを殺そうとするが、フィオナは感覚鋭敏化の香水や催眠効果のある香水を駆使してヴァンスたちを撃破。さらにヴァンスを操ってパドゥーク商会に案内させ、香水の力で商会の人間を全員自殺させる。
しかし、ヒューイたちが駆けつけた時には、フィオナも敵の反撃で致命傷を負っていた…。

フィオナの研究所は、レリックを使いすぎた精神異常者に放火されていた。
研究所にあったさまざまな香材が燃えたことで、フィオナが望んでいた『みんなを幸せにする匂い』が偶然生み出され、町の人々を幸せな気持ちにさせたのだった…。



確か、小学生の好きな給食の第2位が揚げパンでしたっけね。
自分は給食で揚げパンなんて食べた記憶が無いんですが…。
まあともかく、揚げパンが好きなダリアンは子供っぽくて可愛いですね。
ネコに懐かれてビックリしてる姿も可愛かったです。

さて今回登場の幻書は、様々な匂いを作り出す方法が書かれている本。
これさえ読めば、キミも『フレグランス』のニードレスになれる!
痛覚を何倍にも鋭敏化させたり、眠らせたり、操ったり、自殺させたり、フィオナの能力が万能すぎてなんか笑えました。実は接近戦では最強キャラ?
しかし、回復能力を強化するような匂いは作れなかったようで、それがフィオナの敗因となったのでした。
幻書で回復できるのは1度だけ。ヒューイも今後はボス級の敵との戦いが控えてるでしょうし、気をつけないといけませんね。

スポンサーサイト



テーマ : ダンタリアンの書架
ジャンル : アニメ・コミック

カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
今期のアニメ感想
とくになし
最新イベントレポート
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
星恋*ティンクル
プロフィール

管理人:アレル・ニア(あれる)

ほぼ休業状態

maikyodai@えxcite.co.jp

検索フォーム
Twitter
  
QRコード
QR