FC2ブログ

悲しみが空を覆ってしまっても、いつも君を想っているから…



060619


自分を探して時を駆け抜ける あなたの背中に小さくI love you!

というわけで、ルピカライブ最終公演に行ってきましたよ。



Sakura Nogawa Live Tour 2006 ルピカ in 東京

雨の降る中、4時ごろ会場に到着。間も無くして配布されたコール本を読んだりして時間を潰しているうちに開場時間に。

さて、自分の席は前から2列目…だと思ったら、1列目がカメラ撮影のため封鎖されていて実質最前列キタコレ!名古屋に続いて最前列だよ!もしかしたらさくにゃんに「あ、名古屋の時来てくれてた人だ」と気付いてもらえるかも!と期待して名古屋公演の時と同じ服を着てきた甲斐もあるってもんです。

しかし、こんないい席を味わってしまうと、次から普通の席で見る気が起きなくなっちゃうな…。

開演前にスタッフから「第一部は演出の都合上、サイリウム等の光りものの使用はご遠慮ください」と注意があり、スタッフ一丸の協力態勢が取られてるんだなーと感心。

そしていよいよ開演。名古屋会場の時と違ってスクリーンがあり、さくら組バンドはその裏に隠れての演奏になってました。



・第一部

1.ルピカ

2.秘密の箱

ウェディングドレス姿のさくにゃんが登場し、「ルピカ登場編」の2曲を続けて歌い上げます。名古屋会場の時と異なり、今回は1曲ごとに拍手が起こりました。「秘密の箱」はさくら組バンドによる大迫力の演奏が聴きどころですね。


3.空の花園

森に広がる悲しみの心、それを癒すためのルピカの旅が始まります。


4.失恋記念日

5.言えないけど…大好き

6.途中までの方程式

「悲しみの心編」3曲。

「途中までの方程式」は映像が浮かんでくるような歌詞で、「ルピカ」の中で一番好きな歌なんですが、聴いていて、卒業の日に片思いの彼の机に「好きです」って書くあたりで思わず涙が…。「本当は泣きそうだったよ」の時は本当に泣きそうでしたよ。


7.ミルクティー

強がらず素直になればいいんだよ、という励ましの歌。「ありがとう、ごめんね」でまた泣きそうになってしまいました…。今日の自分はとってもピュア。


8.ただいま!

「ミルクティー」で悲しみの心を吹っ切り、素直な自分に帰ってきました。


9.星の降る丘

ピンクのドレスに着替えてさくにゃん再登場。ヴェールが付いててちょっぴりオリエンタルな可愛さです。

悲しみが癒えた心に綺麗な星空が広がり、これにて第一部終了。



・第二部

10.Good Morning~にゃっほ~~

薄紫色のドレス姿でさくにゃんが登場。

問答無用の最強ソングで第二部の幕開けです。みんなでにゃっほー!


11.裸足でいきましょ!~Nude on Melody~

続けて「ルピカ」で一番の元気ソング。飛ばしまくりです。ここで簡単なMCあり。


12.君色パレット

練習してきた振りコピを披露できました。

これを歌ってくれて、会場に来ていたという某原画家も喜んでいたことでしょう。

ここでさくにゃんのお着替えタイム。


13.Happy Merry Charry Blossoms

「カレンダーにバツ印を~♪」と歌いながら、赤いミニスカート姿に変身したさくにゃん登場。名古屋会場の時は出てくる時にスタッフとぶつかってしまうハプニングもありましたが、今回は大丈夫です。


14.Hello my love

ここでまたお着替え。


15.君のもとへ~By myself~

オレンジの聖衣(仮)に身を包んでさくにゃん登場。


16.SAKURAマジック~しあわせになろう~

桜の花が降ってくる演出があり、歌い終わる頃には結構積もってました。


17.卒業アルバムの中の無傷な夢

「『野川さくらさんってどんな歌を歌うの?』と聞かれたらこの曲を聴かせたい」というくらいの、さくにゃん自身が一番好きな歌。「途中までの方程式」にも繋がるテーマで作られた名曲ですね。会場に来ていたういういも思わず涙してしまったそうです。

ここで「Newさくら組バンド」の紹介。そして、もっっともっっと盛り上がるラスト3曲へ。


18.もっっと!

左手でコールに合わせてリウムを振り、右手で振りコピをする…つもりだったけど、やはりなかなか上手くいかない…。


19.とびきり・さくら組

「Good Morning~にゃっほ~~」と並ぶ最強の定番ソング。

例のダンス中にさくにゃんと目が合って最高でした。L・O・V・E・Lovelyさくら!


20.サイケデリック☆55

最強の跳び曲。さくら組バンドの皆さんも前に出てきたりしてノリノリ。

さくにゃん、客、さくら組バンドの全員が一体となった瞬間でした。



・アンコール

明かりの落ちてる間に一気に水分補給。むしろ酸素補給したいくらいでしたが…。

しばらくして、アンコールに応えて、黒のルピカTシャツを着たさくにゃんが登場。

第一部ではバンドにも参加してくれてました、ということで影山ヒロノブも登場。

そして、大阪、名古屋に来てくれた人、ごめんなさい!ということでファイナル限定曲キター。

「今、私が一番伝えたい気持ちです」ということで…。


21.にゃんきゅ~♪

なにげに過去のライブも含めて初披露?影山ヒロノブのギターに合わせて優しい歌声が響き渡りました。さくにゃんに「にゃんきゅ~」って伝えたいのはむしろ自分たちのほうさ。


ここで告知タイム。まずは新曲!新アニメ「はのか」(?)の主題歌を歌います!とのこと。

曲は現在作成中。「JAMプロジェクトみたいなのを歌いたい!」というさくにゃんに「え、あんな極悪なのを!?」と影山ヒロノブ。とりあえず元気な曲を予定しているようです。

ここでさくにゃんの「自然体」というテーマが発表されました。「でも、にゃっほ~って言いたくなったら言うし…」。やっぱりちょっと重荷だったの?

「いつか結婚したら、旦那様と子供と一緒に朝は『にゃっほ~』、『あ、お醤油取って?にゃんきゅ~』って言いたいな~って思ってます」と夢を語るさくにゃん。「まあ結婚できるかわかんないけど…。誰かお嫁に貰ってくれる?」と聞かれたので当然のごとく0.1秒で立候補しておきました。

そしてビッグなお知らせ。なんと12月にもライブ開催予定!カウントダウンライブ…というわけでは無いと思いますけど。次もまた名古屋でもやってくれないかな…。

あとは今回のライブがDVDになります!ということ。まあこれはみんなご存知ですね。

「DVD買ってくれるかなー?」「おおー!」

「友だち10人に薦めてくれるかなー?」「おおー!!」

「11月のライブにも来てくれるかなー?」「おおー!!!」

「DVD3巻とも揃えてくれるかなー?」「おおー!!!!」

と盛り上げたところで次のあの曲へ。


22.小さく I love you

人気は高いもののいまだCD化されていない伝説の名曲。会場に来ていたという作曲者・サイキックラバーの2人も喜んでいたことでしょう。自分も頑張ってこの日一番の跳びを見せてみました。
そしていよいよラストの曲へ…。


23.遥か

さくにゃんとファンとの絆の象徴とも言えるこの歌を、観客全員がさくにゃんと一緒に合唱。

今回は自分もフルコーラスしっかり歌えました。そしてこの日三度目の涙が…。

さくにゃんも涙。自分も涙。他にも泣いていた人は多くいたことでしょう。みんなで一緒に歌えて、みんなで一緒に感動できる、そんな素晴らしい歌なのです。



こうしてすべての歌が終了。最後はさくにゃん&さくら組バンドのみんな、そして観客も一列みんなで手を繋いでばんざーいばんざーい。

そして、さくにゃんの汗が染み込んだタオルが客席に投げ入れられます。密かに狙っていたんですが、4~5列目の中央あたりに飛んでいったため触れることすらできず…。

その後、「もう1回!」コールがあったため、さくにゃんがもう一度出てきて、「みんな大好き!」と最後の挨拶。「さくにゃん最高!(チャチャッチャチャッチャ)」と「三本締め」をやって、これにて本当にルピカライブ終了。

本当に素晴らしいライブでした。さくにゃんとは握手会とかで何度かお会いしてはいるけど、歌っている時のさくにゃんは握手会の時よりもっっと輝いていて、そんなさくにゃんの姿を最前列から2度も見ることができてこの上なく幸せでした。

今回、第一部のテーマは「ルピカを探す旅」で、ライブの中でみんなが自分にとっての「ルピカ」を見つけられますように…ということしたが…。

俺もルピカを見つけたよ。それは…さくにゃん、キミさ…。



で、ライブの帰りに道に迷って、同じく道に迷っていたライブ帰りの人と一緒に駅を探し回ったというのが今回のオチなのでした。

いやー無事に駅に着けて良かったねー。目的の隣の駅だったけど。

ちなみにその人は2階席でライブを見てて、すぐ前の席にクローバーのゆっこやモモちゃんがいたんだそうです。2階席も捨てたもんじゃないですね。

なお私の情報によれば、今回のライブに来てた関係者はこんな感じ+αのようです。自分も1階から探してみたけどまったく分からなかったなあ…。






PS2版「パルフェ」、紹介ページに「日替わりWebドラマ」のコーナー登場


まずはういうい担当のキャラ、由飛から。




日刊スポーツ「野川さくらに萌え~」


なぜかライブ終了前に記事がうpされてますが…。




7月29日、アニメイト名古屋で「松本梨香『KISEKI』発売記念イベント」を開催


トーク&握手&サイン会ですが、メイトなので突発的にミニライブもあるかも?
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
今期のアニメ感想
とくになし
最新イベントレポート
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
星恋*ティンクル
プロフィール

管理人:アレル・ニア(あれる)

ほぼ休業状態

maikyodai@えxcite.co.jp

検索フォーム
Twitter
  
QRコード
QR