スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ感想9月4週 水曜日

うみねこのなく頃に 第13話「EpisodeⅢ-Ⅱ gambit」



初日の生贄として次々と殺されていく使用人たち。しかし最後の1人、熊沢の正体はベアトリーチェの師匠だった!の第13話。

熊沢クソワロタ。なんだこの展開。てことは、今までの話でも熊沢は死んでなかったってことなのか。

死んだフリして後でこっそり復活?それとも死んだシーンはすべて幻?

源次は源次で謎の即死技を使うし。ベアトんとこの執事と知り合いらしいけど、源次の正体も悪魔とかなのか。悪魔で執事か。

これで、使用人の中でまだ能力を見せてないのは郷田だけか。これだけもったいぶってるんだから、きっと神のごとき力を秘めてるんだろうな。ワクテカだぜ。




狼と香辛料? 最終話「狼ととめどなき涙」



エーブに裏切られ、金貨を強奪されてしまったロレンス。それでもエーブが残していった店の権利書と引き換えにホロは救出。ホロに思いを伝え、もうしばらく2人で旅を続けることにした最終話。

別に麻薬とかそういう話ではなかったか。でもエーブが悪党だったのは事実。

こんな悪党で非処女の女がゲーム版のヒロインの1人とは…。

まあでもエーブのゴタゴタのおかげで、ロレンスは勢いでようやくホロに告白。少しは進展があったと。本当に少しだけだな。12話も使って。

というわけで最終回でしたが、この第2期はどうにもイマイチだったなあ。

恋愛のゴタゴタばっかりだったせいか?わっち萌えな人なら楽しめたのかもしれないけど、自分はわっちなんてどうでもいいからなあ…。

そんなわけで、評価はCで。第3期があっても見ないかも。




Phantom-Requiem for the Phantom- 第25話「決着」



自らの手でキャルとの決着をつけた玲二。一方、玲二の戦いの邪魔をさせまいと外で梧桐組の連中を全滅させたエレンの前にサイスが現れた第25話。

キャルざまあ。まあキャルも、本当は玲二が自分を捨てたわけじゃないってわかってたのかもしれないけど、でもざまあ。

エレンは久しぶりに無双っぷりを見せてくれました。まあヤクザごときじゃ勝てんわな。そしてサイスが登場でいよいよ最終決戦か。

でも2対6?これはさすがに無理ゲーな気がしますが…。

??「おいおいだらしねえな、ファントムともあろう者がよ!」

玲二「ゲェェー、お前たちは!キャル、リズィ、ワイズメル、梧桐!」

みんな死んでるから助けは期待できなさそうだな…。



スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
今期のアニメ感想
とくになし
最新イベントレポート
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
星恋*ティンクル
プロフィール

管理人:アレル・ニア(あれる)

ほぼ休業状態

maikyodai@えxcite.co.jp

検索フォーム
Twitter
  
QRコード
QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。