スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ感想11月3週 火曜日

アスラクライン2 第20話「カイメツの刻 ショウメツの闇」



ピカソ仮面の正体は冬琉だった!氷羽子と冬琉はニアを人質にして智春、そして直貴を誘き出す。鋼を召喚しようとする直貴だったが、冬琉だけでなく塔貴也までが裏切って直貴を射殺し、鋼を強奪。朱浬も倒され、瑤の白銀も破壊されてしまう。そして鋼の強大すぎる力によって歪められた空間に飲み込まれた智春、奏、ニアの運命は…の第20話。

いやー、えー、なにこれ。展開が凄まじすぎて、一体何が起きているのかワケわからなくなるくらいでしたが、しかしこれは決して夢オチとかではなく現実のようです。

登場してから数話で死亡する直貴、黒鐡のライバルだったはずが、黒鐡と再戦することなく破壊されてしまった白銀、今までまったくそんな素振りを見せてなかったのに唐突に裏切る冬琉と塔貴也…。

これはぶっちゃけ…急展開というより超展開だよなあ…。

だいたい、氷羽子も少し前から急に登場してるけど、彼女がどういう存在なのかまったく説明がされてないしなあ。重要な事柄について一切説明されず、でもキャラクターたちは勝手に納得していて視聴者置いてきぼりというのは第1期からのお家芸だけど…。さて、このめちゃくちゃな展開にどう決着をつけるつもりなのか…。


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
今期のアニメ感想
とくになし
最新イベントレポート
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
星恋*ティンクル
プロフィール

管理人:アレル・ニア(あれる)

ほぼ休業状態

maikyodai@えxcite.co.jp

検索フォーム
Twitter
  
QRコード
QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。