スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ感想11月4週 火曜日

アスラクライン2 第21話「思い出の消えた未来」



鋼の攻撃に巻き込まれた智春と奏は、一巡目の世界に飛ばされていた。

はぐれドーターを倒し、智春たちを救った『洛高の魔女』。それは、智春たちより5年も前の時代に飛ばされていたニアだった…!の第21話。

時空の狭間に落とされたんだから、ニアが別の時間に飛ばされていてもまったく不思議は無い。むしろ、ほとんど同じ時間に飛ばされた智春と奏が奇跡。これも愛ゆえか。ついに智春は奏への想いをはっきり自覚し、邪魔者の操緒が行方不明なおかげもあって、奏に聞こえたかどうかはともかく告白もしました。これで今度こそHシーン突入か?こっちの世界だと奏は悪魔の力が使えない=非在化の心配が無いので、奏を救うため、という理由ではセクロスする必要は無いみたいだけど。

それはそうと、一巡目の世界に来た智春が真っ先に頼ろうとした相手が玲士郎だったってのが嬉しいですね。『2』になってから玲士郎はギャグ要員に成り下がっていたけど、智春は、玲士郎が本当は頼れるイケメンだということをちゃんと覚えていてくれたようです。そういえば、アスラマキーナが存在しないっぽい一巡目の世界だと、哀音はどうなってるんだろうか?普通に玲士郎と幸せに暮らしてたりするのかな。


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
今期のアニメ感想
とくになし
最新イベントレポート
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
星恋*ティンクル
プロフィール

管理人:アレル・ニア(あれる)

ほぼ休業状態

maikyodai@えxcite.co.jp

検索フォーム
Twitter
  
QRコード
QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。