スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ感想12月2週 火曜日

アスラクライン2 第23話「残る命、散る命」



一巡目の世界を救うには異世界の門を破壊するしかない。

操緒の発案で、ニアは黒鐵と白銀を合体させ、鋼をも上回るパワーを持つアスラマキーナ、黒鐵・改が誕生。智春は、はぐれドーターのボスの妨害を受けながらも、奏、そして一巡目の操緒の犠牲のおかげで異世界の門を破壊し、一巡目の世界を救った第23話。

今更ながら、EDは智春に振られた操緒の気持ちを歌ってるんですね。

智春のために命を捨ててベリアルドールになって、智春のために心を削りながら戦って、それでも智春はおっぱいを選ぶ。操緒としたらやってられんわな。

でも悲壮感バリバリなEDの歌詞と違って、本編の操緒は結構あっさりしてたような…?悲しみを表に出さないようにしてるだけ…?

それはそうと、今回の「操緒はトモと一緒だよ」で初めて操緒に萌えましたよ。

やっぱ戸松はいい芝居するようになったよ。

奏はあれで死んだのかと思ったのに、予告では普通に元気にイチャラブしてやがったよ…。なんて紛らわしい。ていうか、あれは流れ的に死んどくべきだろう…。


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
今期のアニメ感想
とくになし
最新イベントレポート
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
星恋*ティンクル
プロフィール

管理人:アレル・ニア(あれる)

ほぼ休業状態

maikyodai@えxcite.co.jp

検索フォーム
Twitter
  
QRコード
QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。