スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ感想12月2週 水曜日

とある科学の超電磁砲 第10話「サイレント・マジョリティ」



レベルアッパーを使用して能力者になれたことに感激する涙子だったが、一緒に使用した友達が倒れ、そして涙子自身も…。涙子のカタキ討ちのために、木山の協力のもとレベルアッパーを製作した犯人を必死に調べる飾利だったが、その木山こそが犯人だった。事実を知ってしまった飾利は木山に拘束され…の第10話。

飾利の涙子への想いに全俺が泣いた。涙子がレベルアッパーで得た風の能力で飾利のスカートめくりを企んでたとも知らずに…。

レベルアッパーの製作者は脱ぎ女ということで、随分と意外性の無いオチになってしまいましたが、能力ネットワークによってレベルアッパー使用者の力が全部脱ぎ女に集まってるとしたら、脱ぎ女の強さは相当なレベルかも…?まあ御坂がピンチになったら当麻が来てくれるから大丈夫さ。




うみねこのなく頃に 第24話「Episode?-? adjourn」



戦人と真里亞以外は全員死亡。試験はいよいよ戦人の番となり、ベアトリーチェは戦人に6年前の罪を問うが…。『罪』について思い出せない戦人をベアトリーチェは対戦相手として不適切だと判断し、これにて戦いは終了…?の第24話。

顔面を抉る威力の蹴り、体を貫く威力のパンチ…。どう見ても人間業じゃないですが、まあ、多分ウソ描写ですからね。朱志香は完全に死んだ描写があったけど、譲治の死はなぜか曖昧になってるのがちょっと気になる…?

戦人は実は金蔵の孫じゃなかったらしい。つまり明日夢から生まれてないどころか留弗夫の子供でも無いということか。じゃあ戦人は誰の子だ?ベアトか?それとも金蔵の孫ではなく金蔵の子とか?そしてこの事実と6年前の罪とやらの関係は…?




DARKER THAN BLACK -流星の双子- 第9話「出会いはある日突然に…」



偶然出会った探偵の助けを借りて、母の行方を探すことになったスオウ。無事に再会を果たすが、母親は、スオウは死んだはずだと言い出して…の第9話。

そういや、こんな奴らもいたなあ…という探偵コンビの再登場でした。

イザナミとイザナギって別物なのか…。発音が紛らわしすぎる。なんで同じ言葉でシオンを指したり銀を指したりしてるのかと不思議に思ってたよ。

スオウは8年前に死んでるのに…と説明台詞乙なお母さん。今のスオウは何者なのか?シオンの能力で作られた存在とか?シオンは最初からスオウを自分のオトリとして使うつもりだったのだろうか。




そらのおとしもの 第9話「天使の旋律(ことば)の向かう先」



文化祭で私立の連中と音楽対決することになった智樹たち。

勝ち目が無いと思われていたが、ピアノが得意なニンフや、歌が得意なイカロスの活躍で見事な勝利を収める。そして殊勲のイカロスは、後夜祭で、智樹と手を繋ぐという夢を叶えた第9話。

学園祭と言えばライブ。それが昨今のアニメの定番。

しかし、その学園祭で乳首ソングを歌うなんてのは、京アニごときには不可能な発想であろう。無駄にキャッチーなメロディが最高だ!これは間違いなく保志の代表曲になるでしょう。そらおとのライブイベントやるなら絶対行くわ。

ニンフはどうやら非処女ではなかったようで、それは良かったんだけど、凌辱よりも辛い仕打ちをソラマスターから受けているようで…。シナプス人ってのはとことん腐りきった奴らのようだ。イカロスの力でシナプスを滅ぼしてくれんかね。




11eyes 第10話「魔女覚醒」



栞によって、欠片の謎、黒騎士の謎、魔女の謎、すべてが明らかにされる。

ゆかが駆のために生み出した幻の姉・菊理は、ゆかが駆と2人だけの世界を望んだために消滅。雪子は賢久のカタキを討つべく単身スペルビアに挑むが敗れ、虚無の欠片を抉り出され殺されてしまう。戦いの中、雪子の欠片を手にしたゆかは、それをリゼットに与え、ついに魔女の封印が解かれてしまった第10話。

賢久は男だから死ぬこともあろうとは思ったけど、雪子まであんなむごい殺され方をするとは…。ゲームでも雪子ルート以外だとこうなるのか?菊理さんも?

ていうか、バカゆかはもういいかげんにしろよ…。菊理さんは消すわ、余計なことして俺のリゼットをリーゼロッテという名の水銀燈に変えやがるわ…。

そのバカゆかはついに駆の唇を奪うことに成功。でも美鈴も駆に完全に恋しちゃった様子。美鈴、ゆかに殺されそうな予感がしまくりなんですが…。

ゆかのヤンデレが初期段階の時に、駆がちゃんとキスしてやってれば、今のような絶望的な状況にはならなかっただろうになあ…。すべては駆が正しい選択しを選ばなかったせいか。早くクイックロードしる。

そして、世界は荒んでるし、駆は頼りないし…と世界の滅亡を受け入れようと思っていた栞の気持ちを変えさせたきっかけが匡のアホな行動の数々だったというのが、この日一番の衝撃だったのでした。


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
今期のアニメ感想
とくになし
最新イベントレポート
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
星恋*ティンクル
プロフィール

管理人:アレル・ニア(あれる)

ほぼ休業状態

maikyodai@えxcite.co.jp

検索フォーム
Twitter
  
QRコード
QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。