スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ感想12月2週 金曜日

生徒会の一存 第11話「欠ける生徒会」



杉崎が風邪で学校を休んだ。生徒会終了後、くりむたちは杉崎の見舞いへ。

その途中、中学時代に杉崎をいじめていた連中から杉崎の二股事件について聞かされるが、くりむたちの杉崎を信じる心は揺るがない。

そして翌日、真冬は杉崎に…の第11話。

ま、ま、ままま………

まんこ!

…おっと、いかんいかん。正直、かなり動揺してしまっている。

自分は思った以上に真冬のことが好きだったみたいだなあ…。

というわけで、改めて。

ま、ま、真冬が…杉崎に…こ、こここ…告白した…だと…。

いやまて。おちけつおちけつ。れれれ冷静になれ。

まああれだ、杉崎は二巡目の俺だから、真冬に好かれてもまったくおかしいことではないんだ。うん、そうなんだ。前回のラストの真冬の意味深な表情はここに繋がってたんだなあ。

それにしても、この引きで最終回に突入とは…真冬は完全にメインヒロインの扱いですね。まあ杉崎は二巡目の俺だから、真冬がメインヒロインになるのはまったく当然のことなんだけど。

しかし杉崎は、過去の事件が原因で、誰か1人を選ぶってことが怖いんじゃないか。ハーレムを目指すとか言ってるのもそのことと無関係ではないでしょう。

そんな杉崎が真冬の告白にどう答えるのか。もし適当に誤魔化して真冬を傷つけるようなことがあれば、二巡目の俺と言えど容赦はしない。

そんな杉崎には代打・中田翔を送ってやる!




NEEDLESS 第21話「A-A」



引き続き過去編。ある日、ブラックスポットに廃棄されたはずのアークライトが研究所を襲撃。アークライトは地下に隠されていたザ・セカンドの聖骸を取り込み、その時に発生した逆拒絶反応によって研究所は消滅。ギドは記憶を失ったブレイドとイヴを連れてブラックスポットに逃げたのだった…の第21話。

過去編はオリジナルエピソードを多く交えて、ブレイドとイヴの絆を強調する作りになってました。イヴがなぜドッペルゲンガーを使えるのか、というのは原作で残されている謎の1つだけど、アニメではあまり難しく考えず、イヴってのはドッペルゲンガーを使えるようにできてるもんだという設定になってるのかな。

ギドを助けた光の羽は明らかにイヴの質量を遥かにオーバーしてたけど、あんな無茶な能力を使ったからその影響で記憶を失ったのか。記憶力が悪いのは別にその影響ではなく生まれつきだったみたいだけど。

そんなわけで過去編終了。次回からは完全にアニメオリジナル展開に突入か?
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
今期のアニメ感想
とくになし
最新イベントレポート
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
星恋*ティンクル
プロフィール

管理人:アレル・ニア(あれる)

ほぼ休業状態

maikyodai@えxcite.co.jp

検索フォーム
Twitter
  
QRコード
QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。