スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ感想12月3週 水曜日

とある科学の超電磁砲 第11話「木山せんせい」



木山の目的は、人体実験に使われ眠り続けている子供たちを救うことだった。

美琴は木山を追い詰めるが、その時、木山の能力ネットワークが暴走して謎の怪物が姿を現した第11話。

ワンピースやニードレスと同じく、この世界の能力も1人につき1つだけらしい。

その常識を覆す、『覚える』というより『パクる』能力でいろんな技を使ってアンチスキルを赤く染める脱ぎ女。最初にアンチスキルに使った、人を操る能力を御坂にも使えば楽勝だったのに…。ついでに涙子のそよ風を起こす能力も使ってあげてください。

そんなわけで当麻に助けてもらうまでもなく脱ぎ女を倒したけど、真ボスのキモいモンスターが出現。

なぜ胎児の姿…。脱ぎ女が子供好きだからか。胎児萌えはさすがに引くわ。




うみねこのなく頃に 第25話「Episode?-? forced move」



12年後の六軒島。戦人に花を手向けに訪れた縁寿を須磨寺の一味が襲う。

殺されかけた縁寿だが、7姉妹の力で逆に須磨寺たちを全滅させた第25話。

須磨寺「よぉし、この女はおまえたちにくれてやる。好きにしろッ!」

部下「さっすが~、霞様は話がわかるッ!」

…という展開になるのが普通だと思うんだけどなあ。コンシューマ移植前提だからってヘタれやがったな竜騎士め…。

さて、今回は最終回前だってのにまさかの縁寿編オンリー。

謎解きに役に立ちそうな情報は、第2の船着場とか、隠し屋敷のこと、ベアトが実在していたこととかか。最初の5分くらいで事足りますが…。

まあとりあえず。

須磨寺に魔法が見えないのは、愛が無いからじゃなくて厨二じゃないからだよ。




DARKER THAN BLACK -流星の双子- 第10話「偽りの街角に君の微笑を…」



本物のスオウは8年前に死亡。今のスオウは、シオンが能力で作り出したコピーだった。偶然出会った未咲に一時的に保護されていたスオウはヘイに救出され合流。そしてスオウはいつの間にかヘイに恋心を抱いていた第10話。

人を顔ではなく足首で判別するマオ…。

パーツフェチってやつか。ネタとしては若干古いけど。

スオウは予想通り、シオンに作られた存在でした。第1話で殺された父親も同じく偽物だったってわけか。人を作る能力…それはもはや神ではないのか。

そんな神の能力と、契約者を自殺させるという銀の能力が合わさる時に何が起こるのか…。

そしてスオウがヘイに惚れた理由がまったく分からないんですが…。




そらのおとしもの 第11話「いざ征かん!我が銭湯領域(パラダイス)」



突然、女湯に入りたいという欲望に駆られる智樹。イカロスのカードを使って女体化して目的を果たすが、興奮しすぎて暴走してしまい、そはらたちにバレてフルボッコにされた第11話。

OP曲のイメージがなんか変わった?と思ったら、今回からメインボーカルがイカロスのバージョンになってたみたい。

そのOPのアレ、女体化した智樹だったとは…。

さて今回は、ニンフのないちちが見られなかったのは残念だけど、なかなかエロい回でした。

智樹は会長のチチ揉んだり、そはらのまんこ見たりと、今までで一番美味しい思いをしたんじゃなかろうか。フルボッコにされたって、ギャグアニメだから死なないしね。覗きを堪能しまくった上にフルボッコにされることもなく逃げ切ったと思われた守形だけど、EDからすると会長にはバレてしまったのか…。

そしてニンフに運命の時が迫る?いいマスターに出会えたわね、と寂しそうに呟く姿が切なすぎる。ニンフを救うには、もうソラマスターを殺すしかないのか?

神さまが本当にいるんなら、シナプスの連中みんな殺しちゃってください。




11eyes 第11話「滅亡という選択」



復活したリーゼロッテはゆかを殺して欠片を奪い、さらにパワーアップ。

アワリティアは駆と美鈴を元の世界に飛ばして、リーゼロッテのこれ以上の覚醒を阻止。栞、最後の力で一時的に蘇った菊理、スペルビア、ドラゴンに変身したアワリティアはリーゼロッテに最後の戦いを挑むが…。

その頃、駆と美鈴はリーゼロッテに対抗する最後の手段として、草壁の血を引く者同士で契りを交わして互いを強化。しかし、そこに栞たちを倒したリーゼロッテが現れ、駆をあっさり殺す。そして美鈴もまた…の第11話。

菊理さん復活!と喜んだのも束の間…。俺の栞も負けて自殺だなんて…。

アワリティア様も真の力を見せたかと思ったら、スペルビアを犠牲にしただけでリーゼロッテは無傷ですか…。これが、ザ・空気と呼ばれる所以か。

栞たちが必死に戦ってる間、駆は美鈴とセクロス。セクロス中ずっと「ゆかを裏切ったわけじゃない…」とか言い訳ばっかりの情けない邪気眼。

そしてパワーアップしたはずなのに、何もしないままあっけなく死亡…。

セクロスしたことに一体何の意味があったのか…。ただのサービスシーン?

こうしてアニメ史に残る最低の全滅エンドで終了…かと思いきや、一応、最後のどんでん返しが残っているみたい。でも、アイオンの眼を奪われ、もはや邪気眼ですらない駆に何ができるというのか…。せっかく9話、10話と盛り上がってたんだから、それを無駄にしない結末を期待したい。


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
今期のアニメ感想
とくになし
最新イベントレポート
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
星恋*ティンクル
プロフィール

管理人:アレル・ニア(あれる)

ほぼ休業状態

maikyodai@えxcite.co.jp

検索フォーム
Twitter
  
QRコード
QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。