スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とある科学の超電磁砲 第22話「レベル6(神ならぬ身にて天上の意志に辿り着くもの)」(3月2週 水曜日)

木山と再会する美琴。木山の意識不明の教え子たちをカエル医師が保護しており、事情に最も詳しい木山を特別に保釈してもらったのだという。子供たちに埋め込まれた『能力体結晶』の影響で、子供たちが目を覚まそうとすると、都市が壊滅するほどのポルターガイストが発生してしまう。それでも、いざとなれば子供たちの覚醒を強行するという木山だが、そこにテレスティーナが現れ…。



木山のバックにいたのは、まさかのカエル。子供たちが目覚めかけると能力体結晶のせいで苦痛が生じてSOSの声が春上に届き、ゆえに春上の電波受信とポルガイ発生のタイミングが一致していたということか。

…あれ、でも、春上にポルガイの原因が無いのだとすると、春上が前に住んでた地域がポルガイで有名だとか佐天が言ってたのは何だったんだろう…?

本当はもっと他に原因があって、メガネティーナがそれを隠してる?

そして初春とその他とはますます険悪な雰囲気に。

初春もちょっと意固地になっちゃってるだけなんだろうけどなあ…。

仲違いの最初のきっかけは、初春より黒子の方が先にG’sのランキングに名前が載りやがったことだったんだろうけどなあ…。

で、ついに判明した初春の能力は『保温』でした。

冬コミの入場待ちの時には役立ちそうですね。


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
今期のアニメ感想
とくになし
最新イベントレポート
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
星恋*ティンクル
プロフィール

管理人:アレル・ニア(あれる)

ほぼ休業状態

maikyodai@えxcite.co.jp

検索フォーム
Twitter
  
QRコード
QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。