スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今期終了アニメの評価をしてみないかい?8

さて、『ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人』さんで行われている前期アニメの評価企画に参加してみますよ。




とある科学の超電磁砲 【総合点:23



ストーリー:4

どうでもいい脇役のお当番で何話も使ったりとか、中ボスもラスボスも能力者じゃなかったってのはいかがなものかと思うけど、エンディングはとても良かった。



キャラクター性:4

個性的だったし可愛かったけど、嫁はいませんでした。

一番好きな子はファミレスの金髪ロリ。(第12話)



画:4

めちゃくちゃ綺麗というわけではないけど、安定してたと思います。



演出:3

能力者同士のバトルが意外と少なかったからなあ…。

バトルとしては、黒子のトリックアート戦が一番面白かった気がする。



音楽:4

後期OPの前奏がやたらと耳に残る。



総合的な評価:4

途中で多少のマイナスがあっても、最終回できっちり着地できればたいていのことは大目に見てもらえるという良い見本でした。




ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 【総合点:17



ストーリー:2

最終回に向けての伏線がもっとちゃんとしてればまだ良かったんだろうけど…。



キャラクター性:3

カナタとノエルは良かった。



画:4

背景はかなり綺麗だったけど、キャラクターの作画は普通。



演出:3

音楽をそれほど有効に使えていた印象は無いなあ…。第6話のザッピング的な演出は面白かったです。



音楽:3

あいじょーゆーじょー。



総合的な評価:2

1年後には存在を忘れられていそうなタイプの作品でした。




おまもりひまり 【総合点:23



ストーリー:3

くえすを中ボスとして置くことで中盤にひと山作ったのが上手かった。それによりドタバタするだけのどうでもいい回が無く、ワクテカな気持ちを保ったまま最後まで見られました。



キャラクター性:5

タマちゃんと静水久が最強すぎる。メインヒロインのはずの緋鞠には魅力を感じませんでしたが…。



画:3

特別綺麗ではないけど作画は安定。バトルシーンの出来が意外と良かった。



演出:4

タマちゃんのアイキャッチがエロすぎる。OPのラスト部分を毎回変えたり、EDが途中から各ヒロインのソロver.になったりというこだわりも良し。



音楽:3

びーまいびー。



総合的な評価:5

突き抜けた萌えとエロで1月アニメのNo.1となりました。





バカとテストと召喚獣 【総合点:22



ストーリー:3

葉月や翔子が絡むと、たまにイイ話になりました。



キャラクター性:5

男も女も実に個性的でした。美少女萌えだけでなくBL方面もしっかりカバー。



画:4

安定感バツグン。



演出:4

試験召喚戦争やら試験のシーンやらアイキャッチやら、いろいろ凝ってました。



音楽:3

月姫のことー。



総合的な評価:3

各要素はいいけど、作品全体として見ると結構普通かも。





ダンスインザヴァンパイアバンド 【総合点:12



ストーリー:2

総集編を見るだけで7話までの内容が十分に理解できてしまう内容の無さ。



キャラクター性:2

全体的に薄っぺらく、感情移入できないキャラクターたち。声もキャラに合ってないものがいくつか。ミナ様のビジュアルだけは良かった。



画:3

作画が崩れてはいなかったはず…。



演出:2

凝ってたのは1話だけ?



音楽:2

懐メロを使いたがるのは新房の趣味?手抜きにしか見えないのでやめた方がいいと思います。



総合的な評価:1

シャフトはもういいよ…。





おおかみかくし 【総合点:18



ストーリー:3

町の秘密が判明するまでは楽しめたけど…。テーマ性ははっきりしていたので、その点は良かった。



キャラクター性:3

マナと眠は可愛い。



画:2

1回、作画が崩れかかったことがありましたが、なんとか持ち直しました。



演出:3

♪はっさくーはっさくー



音楽:4

OP、EDともかなり好きです。



総合的な評価:3

最終回のギャグが良かったので、少しだけ評価アップ。





はなまる幼稚園 【総合点:18



ストーリー:2

まあ、普通にゆるいお話。



キャラクター性:5

可愛くて個性的で、好感の持てるキャラクターたち。さつきにもっと出番を!



画:4

ほんわかした雰囲気はよく出てました。



演出:2

つっちー告白後の謎のシーンとか、お洒落にいこうとしすぎて失敗してるEDとか…。余計なことせずに普通にやってくれた方が良かったのでは。



音楽:2

ED曲が毎回違ってたけど、どれもイマイチでした。



総合的な評価:3

キャラクターの可愛さと雰囲気の良さ。ゆるい気持ちで楽しめる作品でした。




というわけで、作品の評価はこんな感じで。

で、各賞は…。




【ベストキャラクター賞】

玉藻前・白面金毛九尾 (おまもりひまり)


文句なしの可愛さで、1月アニメというより今年のNo.1ヒロインになりそう。

タマちゃんを妹にしたい!『にいさま』とか呼ばれたい!



【ベストOP賞】

時の向こう 幻の空 (おおかみかくし)


最終回までOPを早送りせず見たのは『おおかみかくし』だけでした。

(『おまもりひまり』のOPは途中まで飛ばして最後のシーンだけ確認してた)



【ベストED賞】

Dear My Friend -まだ見ぬ未来へ-(とある科学の超電磁砲)



『おおかみかくし』『バカテス』『おまもりひまり』などED曲は良いものが多かったですが、電フェスでナマで聴いてからずっと好きなこの曲で。



【ベスト声優賞・男性】

岡本信彦


狂気のガチホモ一誠さん(おおかみかくし)を素敵に演じたこの方で。



【ベスト声優賞・女性】

真堂圭


静水久(おまもりひまり)、杏(はなまる幼稚園)というまったく異なるタイプのロリキャラを演じたこの方で。




というわけで、以上、『今期終了アニメの評価をしてみないかい?8』でした。


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
今期のアニメ感想
とくになし
最新イベントレポート
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
星恋*ティンクル
プロフィール

管理人:アレル・ニア(あれる)

ほぼ休業状態

maikyodai@えxcite.co.jp

検索フォーム
Twitter
  
QRコード
QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。