スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Angel Beats! 最終話「Graduation」(6月4週 金曜日)

あれから3日後、ようやく目を覚ましたゆり。

この世界に残っているのは、音無、かなで、日向、直井、ゆりの5人。かなでが卒業式を経験したことが無いということで、みんなで卒業式をすることに。

かなでが作った変な校歌を歌い、ハゲのカツラを被った日向校長から卒業証書を受け取り、音無が仲間たちに感謝の言葉を伝え…。

直井、ゆり、日向…。次々と卒業していく仲間たち。そして音無はかなでを外に連れ出し、ある思いを伝える…。




直井、最期に音無に頭を撫でてもらえて良かったねえ…。



かなでの生前のことは語られないまま終わるのかと思いましたが、最後の最後に来ましたね。2人は文字通り、心で繋がっていたというわけだ。

音無は心だけでは満足せず、体でも繋がろうとしやがりましたが…。

音無の告白は、女々しいとかセコいとか思われるのも致し方無し、かなでも「最後の最後で幻滅させんなよ…」と言いたげでしたが、まあ、人のために死んで、死んでからも人のために生きてきた音無の最期のワガママですのでね。どうか許してやっていただきたい。あの後で、かなでの言葉を理解し、気持ちを整理してちゃんと成仏したみたいですしね。…多分ね。音無はやっぱり成仏できなくて、エピローグは音無の妄想だった、なんてことは無いですよね…?



なぜあの世界には同年代の人しかやってこないのかとか、

音無より後で死んだはずのかなでが、音無より先にこの世界に来てたのはどういうこっちゃとか、

NPC化したり気合で元に戻ったり、高松はある意味愛されてんのかなとか、

いろいろ気になる点が残ったままの最終回でしたが。

まあ、かなでの黒板のメッセージ+イラストに激しく癒されたので、それでいいんじゃないでしょうか。

ゆりは日向より先に逝っちゃって、最後までアレな扱いでしたが、まあ12話がゆり編の最終回、13話はかなで編の最終回ってことで。



そんなわけで、評価はB+で。

野田とかの過去編は、DVDの特典映像で1巻2人ずつくらい収録すれば良かったのにと思うのでした。


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

カレンダー
01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
今期のアニメ感想
とくになし
最新イベントレポート
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
星恋*ティンクル
プロフィール

管理人:アレル・ニア(あれる)

ほぼ休業状態

maikyodai@えxcite.co.jp

検索フォーム
Twitter
  
QRコード
QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。