スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伝説の勇者の伝説 第5話「目覚め始めた世界」(8月1週 水曜日)

ネルファ皇国にやってきたライナとフェリスは、皇族の少年トアレと出会い、王立図書館に案内してもらう。そして夜はトアレが弟や妹たちと住む屋敷に泊めてもらうことになった。そこに突然、フェリスの妹・イリスがやってきて…。
その頃ローランドでは、シオンが舞踏会に出ている間に、平民出の事務官フィオルが殺されてしまう。自分の無力さを嘆くシオンの前に現れたのは、優秀ではあるが良くない噂も多い男・ミラン。シオンの本当の願いを理解しているというミランは、シオンの闇の部分を担うために力になりたいと志願してきて…。


やはり1話で言っていた「どんな手を使っても」というのがシオンの本心なのか。最初から侵略に使うつもりで『勇者の遺物』を集めさせている?
それにしても、常に喉元に剣を突きつけられている状態というのはしんどい。王として正しい選択を…というよりは、ルシル好みの選択を強いられているだけの傀儡政権なのではないか。かといってルシルに反抗しようものなら瞬殺される運命…。いずれはルシルを選ぶか我を通すかの選択を迫られそうですが、さて、その時シオンはどうするのか…。

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
今期のアニメ感想
とくになし
最新イベントレポート
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
星恋*ティンクル
プロフィール

管理人:アレル・ニア(あれる)

ほぼ休業状態

maikyodai@えxcite.co.jp

検索フォーム
Twitter
  
QRコード
QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。