スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝福のカンパネラ 最終話「祝福のカンパネラ」(9月4週 水曜日)

アバディーンやニックたちに昌石モンスターを足止めしてもらい、レスター、ミネット、カリーナ、アニエス、チェルシーの5人は『天蓋の水車』の最上階に到達。そこで、アニエスの師にして母のアルトワーズと出会うが、アルトワーズは天蓋の水車の修復はリスクが高すぎると判断し、自身が天蓋の水車と一体化してエールの放出量を調整する方法を取っていた。
天蓋の水車の修復の成功率は1%以下、それでもレスターたちはその可能性を信じた。この世界、ミネットやミリアム、そしてアルトワーズをも救うために!
アルトワーズの管理下から離れ、暴走した大量のエールがレスターたちを襲う。
その中で、レスターは天蓋の水車を修復し、世界を救うことができるのか…。


アニエス「行け、タンゴ!10万ボルトだ!」
タンゴ「お前も戦えよ」

アバ兄がわざわざ死亡フラグ立てるから、どうなることかと心配したけど…。アヴリルもアバ兄も無事に帰ってきてくれてよかったですね。ミリアムの幸せはアバ兄がいてこそなんだから。
でも、レスターたちと再合流してからアバ兄がしたことって、チェルシーの折れた剣を受け取ったことだけですね。アヴリルは合流するやすぐにエールドラゴンにぶつかっていったのに…。アイキャッチのエロさも含めてアヴリル大活躍でした。なんか、最後の2話くらいでアヴリルの好感度がすごく上がったかも。アリス服ですしね。

さて、いかにもラスボス戦って感じのステージで行われたラストバトル。
バトルの内容自体はともかくとして、レスターはずっとアーティファクトという名のパズルをカチャカチャやってただけで、しかも成功率1%以下というわりに10分くらいで直ってしまったので、ちょっとあっけない感じもしましたが…。
まあ、それだけレスターのアイテム技師としての腕がケタ外れだったということか。エールは想いの力なので、大量のエールが満ちているあの場所では、女の子たちの想いがレスターに力を与えていたというのもあるでしょうね。ホント、最後の最後まで視聴者の嫉妬がハンパネラやで…。

そんなわけで最終回でしたが…。
見始めた理由はキャラデザが原作に近くて良さそうだったからというだけで、1話のEDの演出が印象的だったのでそれ以降も見続けたわけですが、ストーリー構成が非常に丁寧で、バトルシーンも手を抜かず、ストーリーの進行に合わせてOP&EDの映像や歌を変えたり、ヒロインのお当番回ではキャラソンを挿入歌に使ったりと、作り手の愛が感じられる作品でした。評価はA+で。

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
今期のアニメ感想
とくになし
最新イベントレポート
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
星恋*ティンクル
プロフィール

管理人:アレル・ニア(あれる)

ほぼ休業状態

maikyodai@えxcite.co.jp

検索フォーム
Twitter
  
QRコード
QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。