スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おとめ妖怪ざくろ 第11話「ふれて、殻々と」(12月3週 水曜日)

ペンダントの光に導かれ、ざくろは隠し部屋で母・突羽根と再会。
突羽根は既に死んでいたが、突羽根の手に触れたざくろは自分たちの過去に起きた真実を知ることになり…。
そして妖人省では、総角たちがざくろ救出のために動き出す!


ついに明らかになった突羽根の秘密。そして半妖誕生の真実。
息子=花楯に不倫現場を目撃されて密告され、不倫相手を殺され、お腹の子=ざくろを半妖にされ…。なんとも容赦無い…。
あんだけ美人の突羽根さんを『子供を産む機械』としてしか見ない里長は何なんでしょうね。これだけ通ってやってるのに…とか、なんという勝手な言い草か。子供の花楯の性格が歪んでたのも里長の反突羽根教育のせいでしょうし、とことんろくでもない人間だ。これだから権力者ってやつは…。

里の人間にとっては半妖は穢れでしかないようですが、しかし花楯が里長と違って半妖に優しいのはなぜなのか?それとも、花楯が優しいのは百禄に対してだけ?ある程度の力を持った、一応の成功作だから?
花楯が妖人省を作ったのは、行方不明のざくろを見つけるためか。ざくろに対する気持ちは、類稀な力を一族の反映のために利用したいだけ…なのかなあ。なんだかんだで母親の愛に飢えていて、突羽根の面影がある(?)ざくろを求めてしまうというのもあるのかも…?

花楯はざくろとの婚姻の儀式を進めてますが、しかし、やはり女郎蜘蛛が反乱を起こしそうな感じですね。その混乱に乗じて総角たちが突入か。頑張れ総角!ところで豆蔵を連れてくるの忘れてるっぽいけど大丈夫か?

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
今期のアニメ感想
とくになし
最新イベントレポート
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
星恋*ティンクル
プロフィール

管理人:アレル・ニア(あれる)

ほぼ休業状態

maikyodai@えxcite.co.jp

検索フォーム
Twitter
  
QRコード
QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。