スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FORTUNE ARTERIAL 赤い約束 最終話「赤い約束」(12月5週 月曜日)

瑛里華の苦しみを知った孝平は、伊織、征一郎と共に伽耶の屋敷へ。
しかし、孝平の目的は眷属になることではなく、瑛里華を連れ帰ることだった。学園のみんなには瑛里華が必要で、瑛里華が人間として生きるためには学園での生活が必要。だがそんな孝平の言い分を伽耶が聞くはずもなく、孝平は伽耶に殺されそうになるが…。


孝平め、「俺たちの戦いはこれからだ」的な台詞を自分で言いやがりましたね…。
そんなわけで、問題が解決したようなそうでもないような、なんとも言えない最終回でした。「どうせ苦しむなら俺の傍で苦しめ!」という孝平のヤケクソ気味の決め台詞はどうなのか…。ある意味プロポーズとも受け取れますけどね。
せめて孝平とのやり取りによって伽耶の心に変化が起きていればよかったんですが、おそらく何百年と生きているであろうロリババアの頑固な心が、若造の言葉ごときで揺らぐはずもなかったか…。

伽耶は瑛里華たちの母親というだけでなく、何か秘密がありそうな感じでしたが、それは謎のまま。孝平の血がなぜ特別なのかも謎のまま。伊織の過去のことも謎のまま。後夜祭でシスターと司という謎カップルが作られていたのも謎のまま。
うーむ、気になるならPS3版を買ってねといういつものパターンか…。

まあとりあえず最終回では、白ちゃんと兄様の舞いが見れたのは良かったですね。白ちゃんうつくしす!確かゲーム版では、2人が舞っているシーンと同じような絵のイベントCGがあったような…?

というわけで、評価はC+。原作に忠実なキャラデザと、そのキャラデザ通りの作画クオリティを最後まで保ってくれたことは評価できますが、ストーリー的にはあまりぱっとしなかった印象です。何より、白ちゃんのイベントが全然無かったのがなあ…。もうちょっと頑張れば良作になれそうな感もありましたが、まあ、惜しい作品でした。

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

No title

白ちゃんのでるシーンが、あまりにも少なすぎて残念すぎでした。

白ちゃんだけが楽しみで見てたのに。ちっともでやしない。

製作者サイドは、何考えてるんですかね。この作品はどう考えても、白ちゃんの可愛さが飛びぬけているんだから、もっと使えばいいのにねえ。

No title

白ちゃんルートのイベントは、瑛里華ルートとは絡めづらかったんですかねえ。

一人だけこれといったイベントも無くて、ちょっと扱いが悪い気がしましたね。

そして白ちゃんの出番を犠牲にしたくせにストーリーは中途半端な終わり方という…。

まあ白ちゃんの作画が安定してたのはせめてもの救いでしたね。
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
今期のアニメ感想
とくになし
最新イベントレポート
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
星恋*ティンクル
プロフィール

管理人:アレル・ニア(あれる)

ほぼ休業状態

maikyodai@えxcite.co.jp

検索フォーム
Twitter
  
QRコード
QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。