スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おとめ妖怪ざくろ 最終話「おわり、燦々と」(12月5週 水曜日)

多くの人間を食らってパワーアップした女郎蜘蛛に苦戦する総角たち。しかし、総角の想いによって目を覚ましたざくろが突羽根に封印されていた力を解放、女郎蜘蛛を一刀両断する!
花楯は突羽根を助けに炎上する屋敷に入っていくが、役目を果たし終えた突羽根は白骨死体になっていた。花楯は母と共に死ぬことを願うが…。
戦いを終え、櫛松らの元に戻ったざくろたち。しかし花楯がいなくなったことで妖人省は解散となり、総角たちと別れなくてはいけないことに。パートナーと一緒に過ごす最後の時を、ざくろたちはどのように過ごすのか…。


ラストバトルはあっぱれモード無しかなーと思ってたら、女郎蜘蛛があっぱれソング歌ってて笑った。女郎蜘蛛は最後まで花楯を愛してると言ってたけど、食った相手の力を自分のものにする女郎蜘蛛の特質から考えて、花楯の妖力に本能的に惹かれてただけなのかも…?
まあ何にしても、女郎蜘蛛に同情する気にはなりませんが。橙橙を殺しやがりましたからね!橙橙はざくろの真の力で生き返らせてもらえるかと思ったんですが、そんなこともなく…。そして橙橙が死んだ以上は百禄も…と心配したけど、花楯ともども生き延びてくれたようで良かったです。ざくろが花楯にかけた最後の言葉は無駄にならなかったか…。あるいは、突羽根が最後の力で花楯に何か伝えてくれたのかも。ラストシーンでは2人とも優しい表情になってましたね。花楯が半妖のことをどう思ってるのかは、結局ハッキリしませんでしたが…。

そして、ざくろたちは3組とも超ラブラブに。丸竜くんったら堂々と3P宣言しちゃって…。ざくろと総角は告白しあってキスまでしちゃって、2期への未練も無くきっちりと恋愛模様にケリをつけてくれました。ちゅーのあげまき~。思いがけず早々と再会できちゃった時のざくろの気まずそうな態度にニヤニヤ。キスのことを桜と桐にバラされて焦る2人の姿にニヤニヤ。そんなあっぱれあっぱれな最終回でした。

というわけで、評価はA+。男キャラも女キャラも魅力的で、ほどよく謎が散りばめられていて、切ない話もあって、総角のちょっぴりヘタレな姿に笑い、桜と桐の無邪気な姿に癒され、そしてキュンキュンするような恋愛物語を丁寧に描ききってくれた良作でした。

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

カレンダー
01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
今期のアニメ感想
とくになし
最新イベントレポート
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
星恋*ティンクル
プロフィール

管理人:アレル・ニア(あれる)

ほぼ休業状態

maikyodai@えxcite.co.jp

検索フォーム
Twitter
  
QRコード
QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。