スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[C] 最終話「control(未来)」(6月5週 木曜日)

ついに激突する公麿と三國。力の差は歴然だったが、戦いの最中に円の価値がゼロになったことで互角の勝負に。
しかし、円の価値が無くなることは金融街の消滅をも意味していた。
戦いは決着が付かず中断されるが、三國は自分の負けを認める。
公麿は輪転機を逆回転させ、『未来』を取り戻す。そして自分が取り戻した、すっかり様変わりした世界へ帰っていくのだった…。



最後まで竹田崎が楽しそうで何よりでした。
ミダスマネーが消滅したことで少なからず被害を受けたようですが、落ち込むどころか、信用をイチから築き直すことを楽しんでいるかのよう。
もし『C』に続編があったら、竹田崎は元気に再登場しそうな気がしますね。

さて、公麿と三國という2人の主人公の戦い。
今を守るのか、未来を守るのか。三國が今を守ることに拘っていたのは「妹の最後の願いだから」というのが本当の理由であって、これまで言ってきたもっともらしい主張の数々は本音ではなかった。
ゆえに作品の中では三國は敗北しましたが、じゃあ公麿の主張が絶対的に正しいかというとそうでもないでしょう。結局は立場の違いというか…。金融街の神様『金融神』も言っていたように、人類をより良く導くために一生懸命考えなさいってことです。

まあ、難しい話はおいといて。
一番大事なのは、真朱が可愛かったということ。
最初の頃は性格がキツくてあんまり好きじゃなかったんですけどねえ。なんか、どんどん可愛くなってきましたね。ラストのキスシーンなんてたまりませんね。
真朱はねえ、あの細い腰がすごく好きなんですよね。優しく抱きしめたい!

というわけで、評価は…B+くらいかな。
中盤でせっかくギルドに入ったんだから、もっといろんなメンバーやアセットとの絡みがあれば良かったですね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
今期のアニメ感想
とくになし
最新イベントレポート
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
星恋*ティンクル
プロフィール

管理人:アレル・ニア(あれる)

ほぼ休業状態

maikyodai@えxcite.co.jp

検索フォーム
Twitter
  
QRコード
QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。