スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

STEINS;GATE 第20話「怨嗟断絶のアポトーシス」(8月3週 水曜日)

萌郁からIBNの在り処を聞き出した岡部。しかし、Dメールを取り消して最初の世界線まで戻らない限り、結局IBNは入手できないのではないか…?
IBNがロッカーにあるということは、FBがそれを引き取りに来るはず。
岡部と萌郁はロッカーに張り込んでFBを待つ。やがて現れたのはラウンダーと思われる男。さまざまな人物を経由して、IBNはなぜかMr.ブラウンの手に渡り、そこから飛行機でフランスに送られてしまう…。

岡部、萌郁、紅莉栖は、ブラウンに事情を尋ねる。なんとFBの正体はブラウンだった!
ブラウンはSERNの手先になった経緯を岡部たちに話した後、裏切り者である萌郁を射殺し、自分自身も自殺する。
動揺する岡部。しかし今やるべきことは1つ。ブラウンの携帯を使って萌郁にDメールを送り、そして世界線は変動する…。

ついに岡部は、IBNを入手済みの世界線まで戻ってきた。
あとはSERNのデータベースから、岡部が初めて送ったDメールの痕跡を消すだけ。
しかし岡部は、β世界線に移動すればまゆりは助かるが、代わりに紅莉栖が何者かに殺されてしまうことに気付き…。



まさかブラウンがこんな重要キャラだったとは…。
これまでの話は伏線が分かりやすいものばかりでしたが、今回はまったく予想外でした。初めて「まさか!」と思わされましたね。
なるほど、まゆりが殺された日にラウンダーどもがラボに易々と入ってこれたのは、ブラウンの協力があったからか…。
岡部にとっては、ずっと世話になっていた恩人が、実は憎むべき敵だった。
まゆりを救うための戦いを始めてから、岡部はずっと辛いことばっかりだ…。

さて、α世界線でやるべきことはすべて完了。β世界線に移るための準備ができたけど、しかしβ世界線に行けばまゆりの代わりに紅莉栖が死ぬ…。
今度は紅莉栖を救うためにあがいてみようと思っても、β世界線にはタイムリープマシンは無く、Dメールはあるけど使ったらSERNに感知されてα世界線に逆戻り。詰んでます。
β世界線に移った時点で一切の手の打ちようがなくなるのだから、何か行動を起こすつもりならα世界線で、ということになりそうですが…。
それとも、αでもβでもない、みんなが幸せになれるまったく新しい世界線を探してみますか…?

スポンサーサイト

テーマ : Steins;Gate/シュタインズゲート
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

STEINS;GATE 20話『怨嗟断絶のアポトーシス』

まゆしぃを必ず救うと宣言した凶真に、萌郁はIBN5100の在処を伝える。

Steins;Gate #20 「怨嗟断絶のアポトーシス」

 助手のお姉ちゃん、トゥットゥルー♪ 

Steins;Gate #20

【怨嗟断絶のアポトーシス】 STEINS;GATE Vol.4【初回限定版】[購入者限定イベント応募券封入!] [Blu-ray]出演:宮野真守メディアファクトリー(2011-09-21)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る ...

Steins;Gate 第20話「怨嗟断絶のアポトーシス」

強引に手に入れようとしても、IBN5100は手に入らない。 シュタインズゲート 第20話の感想です。

『Steins;Gate』#20「怨嗟断絶のアポトーシス」

「裏切ったようだな、M4」 AD 2011.08.12 00:41 萌郁から、IBN5100のありかを聞き出したオカリン。 ロッカーを開けるために、さっそくラボにバーベルを取りに戻ったが、 あまりの異常っぷりにクリスに止められ、事情を説明することに。

Steins;Gate「第20話 怨嗟断絶のアポトーシス」/ブログのエントリ

Steins;Gate「第20話 怨嗟断絶のアポトーシス」に関するブログのエントリページです。

コメントの投稿

Secret

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
今期のアニメ感想
とくになし
最新イベントレポート
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
星恋*ティンクル
プロフィール

管理人:アレル・ニア(あれる)

ほぼ休業状態

maikyodai@えxcite.co.jp

検索フォーム
Twitter
  
QRコード
QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。