スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fate/Zero 第4話「魔槍の刃」

ランサーと互角に戦うセイバー。一方、切嗣はランサーのマスターらしき男を発見するが、同時に、死んだはずのアサシンの姿も発見。うかつに狙撃できなくなってしまう…。
ランサーはマスターの許可を得て宝具を解放。異なる特殊能力を持つ2本の槍を巧みに操り、セイバーの片腕を封じることに成功する。
決着の時は近いかに思われたが、その時、ライダーが両者の間に派手に割り込んできて…。



相変わらず、セイバーは最強のサーヴァントとか呼ばれてるわりには苦戦しまくりますね。
切り札を使いたがらないのが原因なんでしょうが…。
切嗣はアサシンのせいで動けず、セイバーも片腕をやられてしまってはさすがに切り札を使わざるを得ないかと思いきや、ライダーの乱入によりセイバーとランサーの決着はお預けになりそうです。

そのライダー、マスターのウェイバーの姿まで敵の前に晒すわ、自分の名前は名乗っちゃうわで豪快…というか大雑把すぎますが、しかしこれで、イスカンダルの聖遺物を盗んだのがウェイバーだってことがケイネス先生にバレてしまいましたね。
ただでさえウェイバーのことを嫌っていたっぽいケイネス先生。セイバーのことは後回しにして、ウェイバー抹殺を最優先に行動するようになる?
それとも、私怨を捨ててあくまで冷静に戦い続けるのか。
ケイネス先生の器がどんなもんか、次回で判断できそうですね。

スポンサーサイト

テーマ : Fate/Zero
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『Fate/Zero』#4「魔槍の刃」

「お前の真名、その剣にあると見た。 見えない剣を暴かせてもらうぞ、セイバー!」 セイバーとランサーの戦いが始まった。 互いに名乗りあうことをしないため、 相手の宝具の正体をつかめず、さすがのセイバーも攻めあぐねていた。

Fate/Zero 第4話「魔槍の刃」 感想

防ぎ得ぬ槍ならば防ぐより先に斬るまでのこと いよいよ始まったセイバー対ランサー戦。 互いの宝具の性質や力量を図りつつ攻防を繰り広げる二人。 しかしランサーが宝具を用いたことから徐々に防戦一方になっていくセイバーだが…。 バトルシーンはやっぱり見応えがあ...

Fate/Zero 第4話

Fate/Zero 第4話 『魔槍の刃』 ≪あらすじ≫ アイリスフィールとセイバーの前に姿を見せたのは、二本の槍を手にしたサーヴァント――問うまでもなく、“ランサー”のクラスのサーヴァント。 正面からの戦い...

Fate/Zero #4

【魔槍の刃】 Fate/stay night Blu-ray BOX <期間限定生産>出演:杉山紀彰ジェネオン エンタテインメント(2010-09-23)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る やっぱり決闘シーンが見物ですね(・ ...

Fate/Zero 第4話 「魔槍の刃」

名乗りをあげることできなくても 誇り高き英霊たちの闘い! セイバーVSランサー。 火花散る闘いを表に、切嗣さんはランサーのマスターを狙う裏の戦い。 しかし見つけ出したのは死んだはずのアサシン…。 ...

Fate/Zero 第4話 魔槍の刃 レビュー

ランサーと対峙したセイバー。 相手が女性ということで、ランサーはさっそくチャームを使って 二人を魅了しようとするが、そんなものセイバーやアイリに通用 するわけはない。セイバーとランサーは戦闘状態になり、激しい 戦いが繰り広げられる。 その様子を別の場所から...

(アニメ感想) Fate/Zero 第4話 「魔槍の刃」

Fate/Zero (2) (角川コミックス・エース 345-4)(2011/10/01)真じろう商品詳細を見る 倉庫街でランサーと対峙したセイバー。 両者間の緊張が高まる中、闘いの火蓋が切って落とされる。 英霊...

コメントの投稿

Secret

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
今期のアニメ感想
とくになし
最新イベントレポート
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
星恋*ティンクル
プロフィール

管理人:アレル・ニア(あれる)

ほぼ休業状態

maikyodai@えxcite.co.jp

検索フォーム
Twitter
  
QRコード
QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。