FC2ブログ

高垣彩陽ファーストコンサート「Memoria×Melodia」 in 東京国際フォーラム ホールA

さて、18日はあやひのコンサートに行ってきましたよ。


17時過ぎに会場に到着。
17時から入場開始予定だったので、もうだいぶ入場が進んでまったりムードだろうと思いきや、まだ入場が始まっておらず、会場前には凄まじい行列が…。

会場内に入れたのは開演予定時間である18時直前くらい。
しかしまだ機材調整が終わっておらず、ホール内に入れたのはさらに後。
いつ開演するか分からなかったため物販に並ぶわけにもいかず、グッズ購入は大阪公演まで我慢することに…。

やがてホール内に入場。今回の自分の座席は2階11列43番。
位置的にはど真ん中ですが、距離的にはあやひの表情が見えないレベル…。
客層は意外と女性が多め。座席はほぼ埋まっていましたが、自分の左の2席はうまいこと空いていて、通路まで突き抜け状態。自分は実質的に通路席みたいなものでした。
まあ、あやひのコンサートではほぼずっと着席してるので、通路席とかあんまり関係ないですけど…。

ステージ上にはパルテノン神殿的な柱が4本建っていて、厳かな雰囲気が漂います。


そして18時半になり、ついに開演!

1.君がいる場所

やはり始まりはこの歌から。
あやひの衣装は、ピンクのドレス、白のブーツ、頭にはキラキラのプリンセスカチューシャが乗っていました。

2.Be with you

サビの高音がヤバすぎる。あやひの歌で鳥肌が立つことはこれまでにもありましたが、この歌は全身から汗が出て手足が震え出すような、それくらいの衝撃を受けました。

高垣
「このステージに立てて、皆様に会えたことに感謝をこめて、きらめくような夜を作っていけたらと思います」

客の性別を聞いたり、「初めて高垣彩陽に会った人ー?」といった質問をする中で、「フォーラ、無理しないで~」とダジャレが炸裂。
うん、いつものあやひだ!

3.光のフィルメント
4.All around me

ここであやひは水分補給。いろんな人のライブDVDを見て、喉にいい飲み物を調べたそうです。
次に歌うのは、歌手・あやひが初めてレコーディングした曲…。

5.私だけの空

後奏に入ったところで、あやひはお辞儀して退場。そして幕も下りて、観客が拍手。いい雰囲気です。


しばらくして再び幕が上がると、ステージの背景にステンドグラスが映し出されて神秘的な雰囲気になっています。

6.Amazing Grace

ここからスーパーカバーソングタイム。
バンドメンバーは一旦下がり、新たにグランドピアノ、バイオリン2人、ビオラ、チェロという演奏メンバーが登場です。

7.The Rose

グランドピアノを演奏しているのは、アルバム『Melodia』で『Amazing Grace』『Quel Guardo II Cavaliere』を編曲した後藤望友さん。
ちなみに、あやひと同い年らしいです。

震災のことに触れ、「また明日って言える素晴らしさを、今だからこそ伝えられる歌」ということで、次の曲は…

8.たからもの

ゆったりと、より気持ちを込めたコンサートバージョンの『たからもの』。
もともと『たからもの』はあやひソングの中で1番好きな歌ですが、このコンサートバージョンはヤバいです。とめどなく涙が出ました。

高垣
「『Melodia』に収録されている曲は、どの曲も私の思い出が詰まっていて、聴けば蘇る景色がたくさんある。
皆さんにも聴いていただいて、ご自身のものにして、蘇る景色を作っていただけたらと思います」

次に歌うのは、諦めそうな時に聴いてパワーを貰っていた、強い気持ちのこもった曲ということで…

9.Defying Gravity

この曲からバンドメンバーも合流し、スーパー豪華な楽隊が誕生。
歌の後でバンドメンバーを紹介。ファーストバイオリンの石崎さんを紹介しようとして、いきなり噛むあやひ。
ドラムは珍しいことに女性の方でした。
そしてキーボードは、豊崎コンサート等でお馴染みの籠島さんでした。

ここからスーパー新曲タイム。

10.Meteor Light

新アニメ『戦姫絶唱シンフォギア』のED曲。
作曲した上松さんが「『高垣さんの曲でカッコいい曲と言ったらコレ!』という曲を作った」と言っていただけあって、ED曲なのにスーパー激しくカッコいい曲でした。
あやひのダンスも情熱的です。

11.月のなみだ

こちらは乙女ゲー『十三支演義 ~偃月三国伝~』のOP曲。
植松伸夫さん作曲ということでプログレを期待していましたが、和風テイストのバラードソングでした。

そしてラスト2曲へ…。

高垣
「今日一緒に奏でたメロディを、ステキなメモリアとして心に刻んでいただけたら嬉しいです」

12.Time To Say Goodbye
13.Oh Happy Day

終盤の「♪Oh Happy Day~」のコーラスを観客が担当して、最後はあやひと同時の「Oh Happy Day!」で締め。


そしてアンコールですが、声で「アンコール」と言うのではなく、幕が下りた後も拍手をし続けることでアンコールの代わりにするという形に。
ファンの間で事前にこういうふうにしようと決めていたわけでも無いでしょうが、自然とこういう流れになるあたり、いつものスフィアのライブとは客層のアレが違うのかなと感じさせられます。

そしてあやひは、コンサートグッズのTシャツを着て再登場!

EC1.キミが太陽

アンコールではあやひに縁のある歌を歌っていくということで、まずはスフィアの名曲をクラシカルバージョンでカバー。
スフィアのことを表した、とても好きな歌だそうです。
仲間でありライバルでもある、スフィアの関係。
スフィアの話をする中で、「悔しさ」という言葉を使っていたのが印象的でした。
たとえば、『けいおん!』のオーディションにはおそらくスフィアメンバー全員が参加していたでしょうし、『おとめ妖怪ざくろ』や『花咲くいろは』ではスフィアメンバーの中であやひだけ出演できなかった。
あやひと言えど、やはり、いろいろと割り切れないところはあるのでしょう。

さて、去年、一昨年とこの国際フォーラムで『機動戦士ガンダム00』のイベントで年越ししたということで、次の曲は…

EC2.祈り†

『ガンダム00』で担当したキャラ、フェルトに向けて、あやひから送るメッセージソング的な曲。
キャラソンというわけでは無いみたいです。

今は『機動戦士ガンダムAGE』に出演しており、「伝統ある作品に縁があってありがたい」と言うあやひ。
次の曲は、あやひに声優を目指す決意をさせた『ガンダムSEED』からの1曲。

EC3.あんなに一緒だったのに

『ガンダムSEED』の名前が出た瞬間、観客のテンションが明らかに変化しました。
みんな何かにつけて『SEED』のことをバカにしたがるけど、本当はすごい好きですよね。

ここで告知タイム。
まずはコンサートグッズの話。Tシャツに、あやひらしい秘密が隠されているらしい。ダジャレってことか?
あやひもバンドメンバーもこのTシャツを着用。「コーディネートはこーでねーと!」と定番のネタをかまします。
続いて、スフィアのツアーの話。仙台に行けることが嬉しいみたい。
そして発売中のフォトブックの話。
最後に、この日の東京公演が映像化決定!という発表が!

次の曲。「キャラソンはすごく大事な表現の場」だと言うあやひ。
キャラ声で「一緒に歌ってねー!」と叫び、『みつどもえ』のみつばかな?と思ったら…。

EC4.dear-dear DREAM

まさかのマイサンシャインきたー!
『バトルスピリッツ 少年突破バシン』のED曲であるこの曲。
『Future stream』の発売記念イベントの時からずっと聴きたいと思っていましたが、ついに聴ける日が来るとは…。ライフで受けるぜ!
しかし、「I laid mind!」「Let's try and try!」といった掛け声は自分しかやってませんでした…。
スフィアのデビュー直後、ブレイクする前に発売されたCDなので、知らない人が多そうだとは思っていましたが…。
まったく、だから自分を最前列にしろとあれほど…。自分が最前列だったら、バシンばりに「マーイサンシャイーン!」って叫んだのに…。

高垣
「いっぱいあった緊張や不安が全部吹っ飛んで、楽しいステージを送らせていただきました。
自分に出来ることをせいいっぱい体で伝えようと、この場に立っていました。
輝いた一瞬を受け取っていただけたら、幸せなことだと思います」

そして本当の最後の曲へ…。

高垣
「感謝の思いを込めて、届けさせていただきます」

EC5.You Raise Me Up

歌の後は、スタンディングオベーションが鳴り止みませんでした。
あやひとバンドメンバーはその場で一礼して幕が下り、こうして「Memoria×Melodia」東京公演は終了となりました。


そして記憶と音楽の物語は次の大阪公演へと続く。
あやひが次の舞台では何を見せてくれるのか、何を感じさせてくれるのか、楽しみでしょうがないのでした。



スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
今期のアニメ感想
とくになし
最新イベントレポート
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
星恋*ティンクル
プロフィール

管理人:アレル・ニア(あれる)

ほぼ休業状態

maikyodai@えxcite.co.jp

検索フォーム
Twitter
  
QRコード
QR