スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラストエグザイル―銀翼のファム― 最終話「Grand master」

ルスキニアの前に立つファムとジゼル。
理想だけではままならぬ現実、それはファムも痛いほどに理解していた。しかし、ファムが空を目指すきっかけを与えてくれたのはグランレースであり、だからこそファムはグランレースを開催した人たちの夢を諦めたくなかった…。

ルスキニアはファムにサーラを預け、そしてグラン・エグザイルに異変が。
グラン・エグザイルの主砲、それは本当は主砲ではなく翼。何枚もの翼を失ったグラン・エグザイルは崩壊を始める。すべてはルスキニアの計画通りに。
ルスキニアとサドリは、古い時代を終わらせるためにグラン・エグザイルの崩壊に飲み込まれていく…。

戦いが終わり、ファムたちの念願だった2度目のグランレースが開催される。
人々の笑顔に包まれる中、グランレースを制したのは…?



カイヴァーン将軍、ちゃんと生きてたんですね。
最後にひと言くらいサーラちゃんと言葉を交わすシーンが欲しかったな…。
サドリ先生はルスキニアの計画を全て知っていたけど、カイヴァーン将軍はきっと何も知らずに戦っていたのでしょう。
戦争が終わった後、「え?…え??」って気持ちだったでしょうね。
でもいいんです、サーラちゃんはそんなカイヴァーン将軍のことだって許してくださいます。サーラちゃんを悲しませた分、これまで以上にたくさんサーラちゃんのことを抱っこしてあげてください。

さて、そのルスキニアの計画について。
ルスキニアは最期まで具体的に語りませんでしたが、ルスキニアが「実はかくかくしかじかな狙いだったのさ!」なんて説明しちゃったら興醒めなので、視聴者の想像に任せるという形になるのは仕方ないでしょう。
視聴者のルスキニアに対する理解度、ルスキニ愛が試される。
おそらく、争うことの空しさ、悲惨さをこれでもかというほど思い知らせることで、2度と戦争なんてするものかという気持ちを世界中の人々に植えつけるとか、そんな感じなのだろうと思います。
大戦後の日本みたいなもんですね。
グラン・エグザイルは先住民たちの不完全な夢の結晶。古き時代の王は、古き人々の夢と共に散る…。

そして最後は平和の象徴であるグランレースで締め。前作の主人公もようやく姿を見せましたが、車椅子に乗ってましたね。なるほど参戦できなかったわけだ…。
しかし、せっかくの最後の晴れ舞台なのにファムは4位。(1位のディーオが失格になって繰り上がり3位)
ファムが抜群の才能や能力に恵まれているわけではない『一般人代表』なのだということがよく分かるラストでした。
新しい時代を作るのは軍人でも政治家でもなく、ファムのような普通の人たちなのです。

というわけで最終回でした。評価はC~C+くらいで。
ストーリー面でいろいろ言われもしましたが、久しぶりにBGMで興奮できる貴重な作品でした。そしてサーラちゃんの可愛さはまじグローリア。

スポンサーサイト

テーマ : ラストエグザイル―銀翼のファム―
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ラストエグザイル―銀翼のファム― 第21話「Grand master」

紆余曲折あったけれど、戦(いくさ)の終わりにふさわしい、良い最終回だった。巨大構造物の崩壊という圧巻のシーンは、ただそれだけで心を動かされるものがあるなぁ。

ラストエグザイル-銀翼のファム-「第21話 Grand master」/ブログのエントリ

ラストエグザイル-銀翼のファム-「第21話 Grand master」に関するブログのエントリページです。

コメントの投稿

Secret

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
今期のアニメ感想
とくになし
最新イベントレポート
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
星恋*ティンクル
プロフィール

管理人:アレル・ニア(あれる)

ほぼ休業状態

maikyodai@えxcite.co.jp

検索フォーム
Twitter
  
QRコード
QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。