スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今期終了アニメ(3月終了作品)の評価をしてみないかい?16

さて、『ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人』さんのところで開催中の企画『今期終了アニメ(3月終了作品)の評価をしてみないかい?16』に参加させていただきますよ。

今回の対象作品は8本です。


新テニスの王子様 【総合点:19

ストーリー:3
アニメオリジナルのシーンを入れるのはいいんですが、その代わりに原作にあった見せ場や一部の試合がカットされてしまったのは残念。

キャラクター性:4
中学生組は相変わらず濃いですが、新キャラの高校生組は、この1期(?)の時点では鬼先輩以外はインパクトに欠けるか。

画:5
作画のクオリティは極めて高い。

演出:2
アニメオリジナルのシーンはギャグに寄り過ぎている部分が多く、個人的にはイマイチ。

音楽:2
♪ホモとENJOY♂突いてこいよ♂
一応スポーツアニメなのに、OPに元気の無い曲を選んだ意味が分からない…。

総合的な評価:3
原作既読者としては作画以外は不満あり。テニプリは少年マンガらしい熱さとシュールな笑いの絶妙なバランスが魅力ですが、アニメではそれを十分に表現できていないように思いました。


ハイスクールD×D 【総合点:22

ストーリー:4
よくあるようなエロに頼ったハーレムアニメかと思いきや、シリアスなストーリーや熱いバトルでも楽しませてくれました。

キャラクター性:5
アーシア、小猫、レイヴェルと魅力的なヒロインが豊富に登場。
主人公の一誠も、正義感が強くて仲間のためなら命を賭けられる、でも普段はエロという好感の持てる男でした。

画:3
まあ標準レベルか。

演出:3
印象に残ったのは、アイキャッチがエロかったことくらい?

音楽:3
OPもEDも悪くは無い。

総合的な評価:4
ハイレベルな燃えと萌えで楽しめました。退屈な話は1話も無かったですね。原作ではこれからどんどん新キャラも増えていくようで、ぜひ2期を期待したいです。


戦姫絶唱シンフォギア 【総合点:28

ストーリー:4
ストーリーの流れや伏線の張り方、設定がしっかりしていて、台詞も個性的でインパクトがある。
熱い展開も泣ける展開もあり、最後までワクワク感を維持できました。

キャラクター性:5
クリスが可愛い!師匠が面白い!そして主人公・響のキャラクターが最後までブレなかったのが良かったです。

画:4
安定感のある作画でした。

演出:5
いい演出はたくさんありますが、特に12話ラストと最終話のバトルシーンは最高でした。歌と映像のシンクロ具合が完璧すぎて鳥肌立ちまくりです。

音楽:5
OPのイントロ部分が最高にカッコいい。12話ラストシーンの超興奮はこのイントロがあってこそ。
挿入歌も味のあるものが多くて良いですが、中でもクリスの心の変化を描く『繋いだ手だけが紡ぐもの』は最高!

総合的な評価:5
やりたいことをとことんやり切る!という製作スタッフの情熱がビシビシ伝わってきて、それが清々しくて心地よくて、見終わった後に「あ~面白かった」という言葉が自然と出てくるような、そんな素晴らしい作品でした。


あの夏で待ってる 【総合点:21

ストーリー:3
一応ハッピーエンドになったのかなーとは思うけど、なんかモヤモヤした終わり方。
展開やキャラ設定も悪い意味で狙いすぎなところが見られて、あまり気持ちが入りませんでした。

キャラクター性:3
友人キャラたちばかりが目立って、肝心の主役カップルにあまり魅力が感じられなかった。

画:5
ビジュアル面はすごくいいと思います。避暑地の空気が感じられるような映像でした。

演出:4
今後の展開に期待を抱かせるような4話ラストと、最終話の上映会のシーンは良かったです。

音楽:3
OPは、良く言えばI've全盛期、悪く言えばちょっと古臭い。
EDはちょっと切ない雰囲気が作品のイメージに合っていると思います。

総合的な評価:3
良作っぽい雰囲気を漂わせてはいますが…。
このシーンをもっとこうしたら泣けるのに。このキャラをもっとこうすれば良くなるのに。そんなもどかしさをいろんな部分で感じる作品でした。


男子高校生の日常 【総合点:20

ストーリー:4
ストーリーというか、おもにギャグの評価ですが。
面白さの波は大きいものの、ハマる時はハマります。

キャラクター性:4
地味なのに個性的という不思議なキャラクターたち。

画:3
かなりシンプルな絵柄ですが、作画は安定。

演出:3
1話のやっつけEDが良かった。

音楽:3
OPはそれなり。

総合的な評価:3
それなりにまとまっていて、それなりに面白い。気楽に楽しめる作品でした。


妖狐×僕SS 【総合点:22

ストーリー:3
ラスト2~3話でようやく盛り上がりますが、中盤はあまりにも退屈でした。

キャラクター性:5
ロリ系の美少女とクセのあるイケメンが勢揃い。
一番可愛いちのちゃんの出番をもっと増やして!

画:4
原作の繊細な絵柄をうまく再現できていたと思います。

演出:3
凜々蝶の心情を文章表示で表現するってのがあんまり好きではなかった。

音楽:4
蜻蛉のキャラソンのインパクトが半端ない。

総合的な評価:3
とにかく中盤が退屈でしたが、最後に物語が大きく動いたので、もし2期があるなら面白くなりそうな気はします。


ラストエグザイル-銀翼のファム- 【総合点:19

ストーリー:2
キャラクターの気持ちを想像しながら見るのが楽しかったですが、『ルスキニアの本当の目的』という一番重要なところまで視聴者の想像に任せる形になってるのは問題か。

キャラクター性:3
幼帝サーラちゃんは最高の可愛さ。敵のルスキニア軍団は個性的で魅力を感じましたが、主役のファムやジゼルは最後まで地味な印象でした。ファムたちは特別な才能を持たない『一般人代表』として描かれていたと思うので、仕方ないところですが。

画:3
メカデザインは良かったですが、キャラクターの作画は標準レベルか。

演出:4
スピード感のある戦闘シーンがとても良かった。

音楽:5
歌はそれほどでもないですが、BGMがとにかくカッコいい!戦闘シーンの曲や19話のエンディング曲は最高でした。

総合的な評価:2
サーラちゃんの可愛さとBGMのカッコよさは最高でしたが、主人公が地味だったり、一部のキャラクターの行動に呆れさせられたり、総集編が2回もあったり、問題点も多い作品でした。


カードファイト!! ヴァンガード 【総合点:18

ストーリー:3
物語中盤まで進んでも主人公のアイチが強豪キャラにまったく勝てず、勝率5割を行ったりきたり。こんなんで大丈夫なのかと心配しましたが、その弱さゆえに闇の力に魅了され、そこからの脱却と真の強さの追求が終盤のテーマになるという展開はなかなか面白かったです。

キャラクター性:5
美少女あり、BL要素あり。サブキャラやライバルキャラも個性的で面白いキャラばかりでした。

画:2
作画が良かった回は全体の1割程度。

演出:2
回想で時間稼ぎする一方でバトルシーンが省略されたり、バトルシーンを省略する一方でラストが尺余りになってたり、ちぐはぐな構成が目立ちました。

音楽:3
OPは熱い。BGMは、これが流れたら惨殺確定の『処刑用BGM』や『謎コプター』などがバトルを盛り上げます。

総合的な評価:3
作画等のクオリティは低いものの、カードファイトのシーンは初心者にも分かりやすく、キャラクターは個性的で、笑いどころやツッコミどころが多くて楽しめる。カードアニメとしては合格点だと思います。


以上が作品の評価。
そして各賞は…。


【ベストキャラクター賞】
雪音クリス (戦姫絶唱シンフォギア)

【ベストOP賞】
Synchrogazer (戦姫絶唱シンフォギア)

【ベストED賞】
SM判定フォーラム (妖狐×僕SS)

【ベスト声優賞・男性】
杉田智和

【ベスト声優賞・女性】
高垣彩陽


というわけで、以上、『今期終了アニメ(3月終了作品)の評価をしてみないかい?16』でした。

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
今期のアニメ感想
とくになし
最新イベントレポート
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
星恋*ティンクル
プロフィール

管理人:アレル・ニア(あれる)

ほぼ休業状態

maikyodai@えxcite.co.jp

検索フォーム
Twitter
  
QRコード
QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。