スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京レイヴンズ 第13話「Black Shaman ASSAULT-法師-」

北斗を操作していたのは夏目なのではないかと思いながらも、そのことをなかなか夏目に聞けない春虎。夏目もまた、春虎に真実を告げる勇気を持てずにいた。
そんな中、夜光の遺品『鴉羽織』を狙って、道満が陰陽塾に乗り込んでくる…!



今回からOPが新しくなると思ってワクテカしてたけど、まだ変わらなかったか…。
次回から変更かな。予告も次回からはまともになるのかも…?

さて、春虎は北斗のことを隠している夏目に対して不信感を抱いたりとかはせず、「北斗=夏目ってことは、夏目は俺のこと好きなの?」というドギマギ感に支配されている模様。
夏目も、自分の想いがバレちゃうかも…ってことで言い出せず。うーんこのじれったいカップル。冬児がため息つきたくなる気持ちも分かる。
そして今回、これまで冬児と1回絡んだ程度の見せ場しかなかった天馬についにスポットライトが当たる…かと思いきや、比良多に術を仕掛けられて利用されるだけの役割…?
冬児と違って、急に覚醒できるような要素も無いだろうしなあ…。一応、それなりの家系ではあるみたいだけど。

道満の狙いは陰陽庁ではなく陰陽塾。それが分かっていながら、塾長らは塾の警備に十二神将を使わず。わざと隙を作って道満を誘い込もうというのか。塾長は何を狙っている…?

スポンサーサイト

テーマ : 東京レイヴンズ
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東京レイヴンズ 第13話「BLACK SHAMAN ASSAULT-法師-」

夏目が北斗なのではと気づいてしまった春虎。 夏目も春虎に本当のことを告白するか悩んで、二人はぎくしゃくする… そんな中、蘆屋道満が、鴉羽を狙って動き出す!  

東京レイヴンズ #13「Black Shaman ASSAULT -法師-」

東京レイヴンズの第13話を見ました。 #13 Black Shaman ASSAULT -法師- 合宿の帰りのバスから夏目が北斗だったのではないかという疑念を抱く春虎だが、夏目本人に尋ねることができずにいた。 「私、嫌われちゃったんでしょうか?」 「もし本気でそう思ってるなら、お前は正真正銘の間抜けだ。春虎は北斗に惚れてると白状した。それは間違いなくお前のことなんだぞ...

東京レイヴンズ「第13話 Black Shaman ASSAULT -法師-」/ブログのエントリ

東京レイヴンズ「第13話 Black Shaman ASSAULT -法師-」に関するブログのエントリページです。

東京レイヴンズ 第13話「Black Shaman ASSAULT-法師-」

「蘆屋道満、明日 鴉羽を頂きに参じ候」 ついに動き出した道満! 一方、北斗=夏目ではと気付き始めた春虎だけど…    2クール目突入! 今回からOPとED変わるのかなと思いきや次回から? 冒頭から所々入ってくる夜行の言葉が大きな意味を持ちそうですね 呪術の神髄は何か、答えは『嘘』 『嘘』の恐ろしさ、もっとも恐ろしい『嘘』は自分を騙す嘘、即ち『呪』である―― ...

コメントの投稿

Secret

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
今期のアニメ感想
とくになし
最新イベントレポート
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
星恋*ティンクル
プロフィール

管理人:アレル・ニア(あれる)

ほぼ休業状態

maikyodai@えxcite.co.jp

検索フォーム
Twitter
  
QRコード
QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。