FC2ブログ

sola 第6話「イケニエノチ」

茉莉が夜禍であることを知った真名。しかし真名は、茉莉が普通でないことを薄々気付いていたようで、大して気にしない。茉莉はそんな真名の態度を嬉しく思う。

依人は、茉莉のことを蒼乃に紹介することになる。同居していても不自然でないように、ということで、茉莉のことは恋人として紹介することに。

恋人設定になったことで、茉莉のことを急に意識してしまう依人。そんな依人を、茉莉は「キスしよっか」とからかって遊ぶが、依人の姉の名が「蒼乃」だと聞いた途端、何かを考え込んでしまう…。

翌日、依人は茉莉を連れて蒼乃に会いに行く。しかし、普段はちょっとのことですぐ目を覚ます蒼乃が、この日に限ってずっと熟睡していた。

仕方なく病院を出る依人たち。電車に乗って帰ろうとするが、その時、茉莉は蒼乃の姿に気付き、歩いて帰ると言って別行動を取ることに。

カエルの折り紙に誘導され、電車の車庫へ向かった茉莉は、そこで蒼乃と話をする。

茉莉と蒼乃とは面識があった。蒼乃は茉莉と同じ、夜禍人だった…。

そして蒼乃は、茉莉を居候させる条件だと理由を付けて、家に戻ってくることになるのだった。

夜、依人と学校に忍び込む茉莉。そこで茉莉は、夜禍が生まれる理由を話す。

人は寝ている間に、闇の中に苦しみや不安を捨てていく。そんな、闇に捨てられた苦しみが集まって生まれるのが夜禍なのだと。だから夜禍は1人で生きていかなくてはいけないのだと。

そう言って茉莉は、依人に突然キスをする。呆然とする依人が慌てて振り向いた時、すでに茉莉の姿は消えていた…。



サブタイトルからして只ならぬ雰囲気を感じてましたが、なんという怒涛の展開。

蒼乃までもが不老不死の夜禍だったとは…。

蒼乃がおばあちゃんっぽいと感じていた自分の感覚は正しかったということか。

茉莉&蒼乃の会話と、過去の映像とを合わせて考えると、依人は蒼乃が「力」を使って作り出した存在ということなのでしょうか。

依人が、蒼乃が成長していないことに違和感を感じていないことからして、依人が作られたのは、蒼乃が力を使ったという3ヶ月前?依人が持っている記憶はすべて捏造されたもの?

そして、茉莉、蒼乃、依人が登場していた過去の映像。なにやら物騒なシーンもありましたが、過去に一体何があったのか。近いうちに過去編に突入か?

その過去の出来事が緑ロリにも関係しているのかどうなのか。夜禍である蒼乃を辻堂がターゲットにしていないのは何故?蒼乃も太陽の光を浴びれないの?

などなど、謎が謎を呼ぶ面白い展開になってきました。

さすが久弥だぜ!と、急に信者っぽく振舞ってみる。
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
今期のアニメ感想
とくになし
最新イベントレポート
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
星恋*ティンクル
プロフィール

管理人:アレル・ニア(あれる)

ほぼ休業状態

maikyodai@えxcite.co.jp

検索フォーム
Twitter
  
QRコード
QR