FC2ブログ

sola 最終話「ソラ」

茉莉の渾身の一撃は蒼乃に避けられ、わずかな傷を負わせただけだった。

茉莉の中に、「剣」を使うことに対する迷いがあったためだ。

だが、その傷は蒼乃から夜禍の力を少しずつ奪っていく…。


最後の力を振り絞り戦う2人。蒼乃は剣を奪い、すべてを終わらせるため茉莉に斬りかかるが、蒼乃が貫いたのは茉莉を庇った依人だった。

依人は「紙」となり、空に舞う。依人の犠牲が茉莉の迷いを消し去り、茉莉は蒼乃に自分の命を与えるのだった…。



あれから1年が過ぎた。

今日も折り紙に勤しむこよりは、本屋で高い棚に置かれていた「折り紙全集」を、通りがかりの少女に取ってもらう。

「誰か」から教わった折り紙を少女に披露するこより。別れ際、名前を尋ねるこよりに、少女が告げた名は「森宮蒼乃」…。



休日、学校にノートを取りに来た真名。ふと思い立ち屋上に行くと、そこには空を見ていた制服姿の蒼乃がいた。

真名は、自分もいつもここから夕焼け空を見ていると言う。

空が大好きだと言う真名。その気持ちはきっと、依人が残していったもの。

2人は一緒に、どこまでも続く青空を見上げるのだった…。



こうして、3人は再び出会い、新たな道を歩き出す。

蒼乃は生きていく。依人と茉莉がくれた、この空の下で…。




蒼乃の心変わりの理由が分からん…。依人と茉莉の命をかけた行為が蒼乃の心を溶かしたんだと考えられなくもないけど、説得力のある理由が思いつかなかったから適当に誤魔化したようにも思える…。

街に戻るまでの1年間、どうすべきかずっと悩んでいたのは間違いないだろうけど…。



前半のバトルも余計だったかなあ。前回のラストの攻撃でスパッとケリをつけて、依人にいい感じの台詞を言わせて、最終回はほとんどエピローグのみで構成しても良かったかと思います。



以上の点はちょっと残念だったけど、でもエピローグの内容はかなり良かった。

真名の「空ー!大好きだぞー!」っていう恥ずかしいシーンも好き。

結城アイラの最終回ソング「見上げるあの空で」もかなり好き。

繭子の新コスチュームも好き。辻堂のプロポーズを期待してドキドキしてる繭子が可愛いぞ。でも空気を読めず、繭子のセンスも理解できない最低な辻堂…。

辻堂は繭子の愛に甘えてやがるな。繭子は俺に任せて、おめーは眼鏡ウェイトレスのとこにでも行きやがれ。

そういえば、結局、繭子は夜禍の特殊能力を何も持たなかったのかな…。



というわけで、総合評価はAで。9話だけなら文句無くS+。
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
今期のアニメ感想
とくになし
最新イベントレポート
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
星恋*ティンクル
プロフィール

管理人:アレル・ニア(あれる)

ほぼ休業状態

maikyodai@えxcite.co.jp

検索フォーム
Twitter
  
QRコード
QR