FC2ブログ

Darker than BLACK -黒の契約者- 第24話「流星雨」

黄は組織の目が届かないトンネル内で黒、銀、猫、ウェイを降ろし、走り去る。

黄は1人でオトリになって死ぬ覚悟を決めていた…。

地下からゲートの真下まで黒たちを案内したウェイは、アンバーと約束した案内はここまでだと言い、突然黒に襲い掛かる。

激闘の末、勝ったのは黒。ウェイは自分の敗北をアンバーに予言されていたが、それでもはっきりと決着をつけずにはいられなかったのだ。

ウェイは最後の力でゲートへの道を塞ぐ壁を破壊。黒たちはついにゲートに足を踏み入れる…。



未咲はシュレーダー博士、エリック西島、霧原部長と会う。

PANDORAは国家の枠を超えたあらゆる政府、機関と連携しており、そこには日本の公安部も、黒たちが所属する組織も含まれていた。

未咲はエリックらからEPRの目的、それを阻止するための、サターンリングで生成した反ゲート粒子を使ったヘルズゲート消滅作戦について聞かされるのだった…。



EPRとPANDORA軍との戦いは熾烈を極めていた。

雨霧は命を賭けてサターンリングを破壊するが、それはダミー。だが、雨霧たちの陽動のおかげで、黒はすでにゲートの奥深くまで侵入していた。

組織から記憶のバックアップを受けられなくなった猫は、道半ばで自我を失い失踪。

黒と銀はEPRのドール群が放つ観測霊に導かれ、ついにアンバーと出会う…。




SD化したアンバーに吹いた。

全編通して、日本語でおkと言いたくなる意味不明な台詞の連発でしたが、

とりあえず、黄は最期に銀に抱きしめてもらえてよかったね。

あんだけドールとかを嫌ってたくせに赤くなっちゃって…最期まで立派なツンデレオヤジでした。

雨霧を燃やしたのは第4話で組織に連れてかれた炎使いの子?

まさかEPRの幹部以上の使い手になって帰ってくるとはね…。

さて、どうやら次回で最終回?東京消滅か契約者全滅か、ものすごい二択ですが、黒がアンバーを殺して人間側の勝利ということになるのかな…。

黒の妹・白がいまだ行方不明のままなのが気になりますが…。

黒の対価の謎も最後に明らかになるんでしょうか。
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
今期のアニメ感想
とくになし
最新イベントレポート
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
星恋*ティンクル
プロフィール

管理人:アレル・ニア(あれる)

ほぼ休業状態

maikyodai@えxcite.co.jp

検索フォーム
Twitter
  
QRコード
QR