スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D.C.Ⅱ~ダ・カーポⅡ~ 第10話「霞んでいく想い」

義之たちのいない学校では、美夏のウワサを知った生徒たちによって、美夏の迫害が始まっていた。由夢や音姫は必死に美夏を庇うが、休み時間のたびに騒動の収拾に走らされたことで、音姫は心労で倒れてしまう!

由夢からの電話で音姫が倒れたことを知らされた義之は、居ても立ってもいられず、修学旅行先の奈良から1人で帰ることに…。

義之が戻ってからしばらくして、音姫は無事に目を覚ます。

そして音姫との会話の中で、小恋との約束をようやく思い出した義之は、小恋たちが帰ってきているはずの学校へ急ぐが…。

小恋は事情は理解しながらも、一言も告げずに勝手に帰ってしまった義之を許すことができない。2人はケンカ別れし、翌日になっても関係はこじれたままだった…。



小恋のことで悩む義之の前に、今度は麻耶が現れた。美夏の正体をしつこく追及する麻耶に、義之はうっかりボロを出してしまう。

そして麻耶は、美夏のことを生徒会に報告すると言って…。

義之は、水越から麻耶の父親のことを聞かされる。

優秀な科学者だった麻耶の父親は、ミューの開発者でもあった。だが、人間たちが人を超えるミューの性能を恐れ、バッシングを始めた時、人間の怒りの矛先は麻耶の父親にも向けられた。そして麻耶の父親は自殺…。麻耶がロボットを強く憎んでいるのは、ロボットのせいで家庭を破壊されたからだった…。




D.C.2.P.S.キター。新ヒロインの中に、アイシアっぽく見えるリボンキャラのシルエットがあったのでちょっと期待しちゃったんですけど…。

でも調べてみたら、シルエットの3人はコンプティークの読者が考えたキャラらしいから、アイシアの可能性は低いのかな…。

でも公式サイトのキャラ相関図を見ると、芳乃(朝倉姉妹の上)の関係者が2人増えてるようなので、もしかしたら…。

この際、アイシアと俺の子供が登場してくれてもいいんだけど…。



さて本編ですが。

幼女時代の音姉カワユス。声は低すぎて子供らしくなかったけど…。

麻耶の事情はともかくとして、まあとりあえず義之は死ね。

小恋との約束よりも、ちょっと倒れただけの姉を優先するシスコンっぷりにもほとほと呆れたけど、まさか、そもそも小恋との約束を忘れてやがったなんて…。

これで小恋も、義之がクソ野郎だということに気付いただろう。別れろ別れろ。

そして義之は、ギャルゲアニメ史上初の1人ぼっちエンドを迎えやがれ。

史上2度目の死亡エンドでもいいけどね。

ただ、今回の件については由夢にも問題あり。音姉が倒れたことを義之に教えるのはいいんだけど、ちょっと倒れただけでそんなに心配はいらない、ということをちゃんと伝えておくべきだった。

所詮は高校生なので、身内が倒れて激しく動揺してしまうのは仕方の無いことではありますが…。

ていうか義之、帰ってくるの早すぎじゃね?奈良から瀬戸内の離島まで、2時間やそこらで帰れるものなのか…。まあ、それは小恋たちにも言えることだけど…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
今期のアニメ感想
とくになし
最新イベントレポート
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
星恋*ティンクル
プロフィール

管理人:アレル・ニア(あれる)

ほぼ休業状態

maikyodai@えxcite.co.jp

検索フォーム
Twitter
  
QRコード
QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。