スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンブーブレード 第21話「川添珠姫と鈴木凛」

劇場版「ブレイバー」の撮影の間、凛はタマちゃんの部屋に寝泊りすることに。

2人の話題は当然のごとく「ブレイバー」。ブレイバー派とシナイダー派として

意見を対立させることもあったが、一緒に「ブレイバー」のDVDを見ているうちに

2人はすっかり仲良くなるのだった。



撮影の見学に来たタマちゃんと凛。

凛はエキストラの女子高生役として出演もするらしい。

しかし撮影の中、アクシデントが発生。シナイダーの相方・シナイガール役の

藤村が怪我をしてしまったのだ。

代役として、シナイガールの芝居を完全にマスターしている凛が抜擢され、

そして凛がやるはずだった女子高生役は代わりにタマちゃんがやることに…。

「女子高生」としてシナイガール・凛に剣を振るわれるタマちゃん。

タマちゃんはつい反射的に凛の剣を受け、反撃してしまう。

だが凛は、なんとタマちゃんの反撃をすべて受け切った!

実は凛も高校の剣道部に所属していたのだ。

タマちゃんと凛は、関東大会での再戦を誓い合うのだった…。





撮影のために髪形いじったタマちゃんが幼くてカワユス!

それにしても2人のヲタっぷりが凄まじかった…。

まあ、思い入れのある作品について熱く語りたくなる気持ちは分かるし、

違う派閥の人間が本気で話せば対立が生まれるのも必然。

しかし、タマちゃんと凛は対立の果てに友情を芽生えさせることができた。

なぜならば、根底にあるのは同じ1つの作品への愛情だから。

これこそが真に作品を愛する者の姿!派閥に囚われるな!

なんて言いつつも、自分は決して白河信者と相容れることはありませんけど。

それはさておき。

ただの特撮ヲタかと思われた凛が、実は剣道のかなりの実力者だったことが判明。

もしや、タマちゃんに初めての敗北を与えるのは凛なのか?

敗北を知らないブレイバーだからこそ、敗北を知るシナイダーには勝てない。

それは石橋の「一度負けた方がいい」という言葉にも繋がってきますが…。

でも、次の関東大会がおそらく最後の試合になるでしょうに、

そこでタマちゃんが負けて終わりってのはちょっとなあ…。

ちゃんと優勝して、作者が作詞した挿入歌「Dear BambooGirls」をバックに

タマちゃんを胴上げしてくれないと…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
今期のアニメ感想
とくになし
最新イベントレポート
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
星恋*ティンクル
プロフィール

管理人:アレル・ニア(あれる)

ほぼ休業状態

maikyodai@えxcite.co.jp

検索フォーム
Twitter
  
QRコード
QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。