FC2ブログ

破天荒遊戯 第9話「ゆくさきをしらない・後編」

ラゼルに、ヴィンに隠された秘密を話すソレスタ。

ヴィンはなんと、とある国王の忘れ形見だった。

正妻の子ではないため外に出されていたのだが、王家の跡継ぎが流行り病で

全滅したため、急遽呼び戻されることになったのだという…。



夜。宿に火を放たれ、逃げるラゼルとヴィンに、謎の男たちが襲い掛かる。

そこにソレスタとバロックヒートが来て男たちを倒すが、バロックヒートは

ラゼルを気絶させ、ヴィンと一緒に連れ去るのだった!



ラゼルが捕らえられている教会跡へ来たアルゼイド。

迎えたソレスタは、アルゼイドに剣を渡し、決闘を始める。

戦場にのみ生き甲斐を感じていたソレスタ。国内からあらゆる戦いは無くなったが、

今度はヴィンを利用してクーデターを起こそうと画策していたのだ。

ソレスタは昔に戻りたかった。アルゼイドと共に戦場を駆け抜けた、あの頃に…。

しかしアルゼイドは、そんなソレスタを「それは変態だ」と突き放し、

戦意を失ったところを容赦なく斬り殺そうとする…!

それを止めたのはラゼルだった。アルゼイドはそれ以上ソレスタに構わず、

ラゼル、ヴィン、バロックヒートと共に帰ろうとする。

しかし、ソレスタは背後からラゼルを襲う!アルゼイドはラゼルを守るため、

とっさに魔法を使いソレスタを殺すのだった…。



雨の降る街。自分の無力さに涙を流すラゼルの前に、1人の男性が現れる。

その男は、ラゼルの義父だった…。





今までのパターンから考えるとヴィンが死にそうな気がしてましたが、

意外にも最後まで生き残っちゃいました。王族だから特別扱い?

代わりにガチホモ軍人ソレスタは死亡。愛するアルゼイドに殺されて本望でしょう。

しかも隠しコマンド技の「魔法」まで使ってもらったんですからね。

そのアルゼイド、「それは変態だろう」という言葉は、

血に飢えたソレスタの狂気に対してのものだったのか、

ソレスタの自分へのガチホモな愛情に対してのものだったのか…。

まあ、両方かな…。

でも、軍人時代のアルゼイドはマジで美人だったからなあ。

女っ気のない軍隊生活の中でアルゼイドに出会ったら、目覚めてしまうのも

仕方ないのかもしれない。



それにしても、「『人』という字は左のヤツが楽をしている!」と主張してた時の

デフォルメ姿のラゼルがギザカワユスでした。

ああいう崩し絵が使われたのって初めてじゃない?今までは作品の雰囲気を重視して

そういうのを自重してたのかもしれないけど、ここにきて方針転換?

いいよいいよ、どんどんやっちゃって。今後の話が楽しみだぜ!

…と思ったら、次で最終回?え、まだ10話ですよ?え、え~~~?
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
今期のアニメ感想
とくになし
最新イベントレポート
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
星恋*ティンクル
プロフィール

管理人:アレル・ニア(あれる)

ほぼ休業状態

maikyodai@えxcite.co.jp

検索フォーム
Twitter
  
QRコード
QR