スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第7話「俺の妹がこんなに小説家なわけがない」(11月3週 木曜日)

桐乃と黒猫がメルルの鑑賞会をすることに。しかし鑑賞会の前に、互いが書いた小説を読みあっているうちにケンカになってしまい…。京介は無事に2人を仲直りさせることができるのか…?
その桐乃の書いた小説がラノベ編集者の目に留まり、桐乃にプロデビューのチャンスがやってくる。クリスマスイヴの日、京介は桐乃の取材に付き合わされて街へ繰り出すのだが…。


アニメで「カリビアンコム」とは言えなかったか…。

家に帰ると黒猫が出迎えてくれる生活。今回は黒猫がメインの話なのかと思ったのに、黒猫はOPにも出してもらえないような扱いとは…。メルルうぜえ!
にしても、自作小説の中で友達を凌辱させようとしたり性奴隷にさせようとしたり…。とんでもない中学生どもですね。どうせなら漫画で描いてください。

そんなわけで、桐乃とのクリスマスデートがメインの回でした。
ラブホテルのシーンはもうちょっと何かイベントがほしかったな…。うっかり押し倒してバスローブがはだけるとか…。
桐乃の京介に対する『好き』がどういうレベルの『好き』なのかは分かりませんが、妹のバスローブ姿なんぞに動揺してるあたり、京介の方は少なからず性的な対象として桐乃を見てるんでしょうかねえ。普通は妹がバスローブ姿だろうと全裸だろうと何も感じませんからねえ。ソースは俺。こんな変態な京介を矯正できるとしたら、やはり麻奈実か…。でも麻奈実のお当番ってまだあるのかなあ…。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第6話「俺の幼馴染がこんなに可愛いわけがない」(11月2週 木曜日)

麻奈実の家族が経営する和菓子屋でハロウィンにちなんだイベントをすることになり、京介もその手伝いに出向く。そしてそのまま麻奈実の家に泊まることになり…。麻奈実の祖父の陰謀により、麻奈実の部屋で布団を並べて寝ることになった2人。一体どうなってしまうのか…?


今回は麻奈実のお当番回でした。
やっぱ麻奈実は、眼鏡のくせに可愛いなあ…。あの雰囲気がいいですよね。しゅが美さんいい仕事なさる。麻奈実と平穏に生きていければ…という京介の気持ちもよく分かります。でも付き合う気は無い…というのは意味不明すぎますが。お婆ちゃんに恋愛感情抱くか?みたいなこと言ってたけど、お前はそのお婆ちゃんに思いっきり欲情してましたがな…。

一方の妹さんは、萌えキャラの抱き枕が届いてイヤッホゥと浮かれてたけど、兄が他の女のとこに泊まると知ってあっという間に不機嫌に。抱き枕なんかいらない、お兄ちゃんがいればそれだけでいいの!って感じですか。そういう態度は可愛いと思いますけどね。しかし残念ながら肝心の兄はそんな妹の姿を見ていないので、何の効果も無いのであった!

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第5話「俺の妹の親友がこんなに××なわけがない」(11月1週 木曜日)

あやせにヲタク趣味のことを知られ、軽蔑されてしまった桐乃。
あやせと仲直りしたいものの、だからといって趣味も捨てられない桐乃。
桐乃のことを本気で心配しているあやせ。
そんな2人の友情回復のために、またも京介が立ち上がる!


俺の妹の親友がこんなにアグネスなわけがない?

親バレの次は親友バレ。しかも、桐乃のエロ同人誌を見たあやせは態度を豹変させて、問答無用で絶交宣言。まあ、大好きな友達がロリエロなマンガを持ってたらショックを受けるのは当然ではありますが、あやせはちょっと極端というか、異常な感じもしますね。嘘をつかれるということにも過剰反応を示してましたが、何か過去にトラウマがある…?あやせルートなら京介もそのあたり深く突っ込んでいくんでしょうが、桐乃を助けるためにあやせの好感度を犠牲にしちゃったからなあ…。

そんなわけで、今回も京介は桐乃のために自分の身を犠牲にしたわけですが。
でも今回は兄に全部任せっきりではなく、桐乃自身もあやせに正面からぶつかっていったことに意味がありますね。それだけ桐乃にとってあやせが大事。エロゲーと同じくらい大事。相変わらず台詞はアレですが、気持ちが伝わればそれでいいんです。
そして京介も、ケンカしてそれっきりだった父親に相談したのがいいですね。
父親も、子供たちとケンカしたままじゃ嫌だなーという思いがあったのか、ツンデレ気味に協力してくれました。

そんな第5話。またひと山越えて、また1つ桐乃のフラグも立った?
京介との言い合いの中で、桐乃がポロっと兄に対する本音を漏らしてたのが気になりますね。兄への反発は寂しさの表れ?モデルを始めたのも、兄に気にしてほしかったからとかなんでしょうか。
そんなわけで桐乃ルート一直線という感じになってますが、さて、他のヒロインたちはこの流れを止めることができるのか…?

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第4話「俺の妹が夏コミとか行くわけがない」(10月5週 木曜日)

桐乃の友達・あやせと加奈子が家に遊びに来た。しかしタイミング悪く沙織から送られてきたエロ同人誌がきっかけで思わぬトラブルに…。
そのトラブルのお詫びで、京介は桐乃を夏コミに連れて行くことに。
初めてのコミケに大はしゃぎの桐乃。黒猫や沙織と一緒に充実した時間を過ごすが、なぜか会場に来ていたあやせとばったり会ってしまい…。


4話にして、もうマンガ版に追いついてしまいましたね…。
そしてマンガ版だとコミケ会場で京介が黒猫フラグ立ててましたが、アニメではそのシーンがカットされてました。これはつまり、アニメは完全に桐乃ルートで、今後も黒猫のイベントはあまり描かれないということなのか…。ぐぬぬ…ぶっちゃけ桐乃はどうでもいいんですけどね…。アニメだと麻奈実がメガネのくせに可愛いので、思いきって麻奈実エンドにしてくれてもいいんだけどな。

そして、黒猫フラグはカットされたのにあやせフラグは健在でした。
兄妹でヤっちゃってる現場を目撃されたらフラグが立った。な、何を言ってるのかわからねーと思うが…って感じですね。あやせはいい子っぽいけど、でも次回のサブタイトルからすると何か変な秘密があるみたい…?ううむ、この世界の女でまともなのは麻奈実だけなのか…?

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第3話「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」(10月4週 木曜日)

『人生相談』が終わり、京介は麻奈実とのんびりとした時間を過ごす。
沙織からは桐乃が楽しそうにしている姿が写メで送られてきて、京介は安心しきっていたのだが…。
しかし桐乃の不注意で、『妹と恋しよっ♪』が父親に見つかってしまったために事態は急変。京介の必死の説得で、桐乃のヲタ趣味のことはなんとか父親に認めさせるが、しかしエロゲのこととなると簡単にはいかず…。妹を救うため、京介は禁断の作戦を敢行する…!


中学生にエロゲを売ってしまうアキバの店員…。
ていうか、ボッタ値のプレミアエロゲなんて買っちゃいかんよ。沙織も年長者として止めてあげなさいよ。
一方、黒猫は常識的な金銭感覚の持ち主のようですね。ブルーレイを見るためだけにPS3を買ったりもしてないようです。『マスケラ』もDVDを買い揃えたりはせず、録画したものを何度も見てるんでしょうね。まあ、中学生なんだからそれが当たり前なんですけど。気軽にマスケラ第1期のDVDを買い揃えてしまう桐乃が異常すぎるのであって…。モデル業ってそんなに儲かるんでしょうかね。モデル仲間のあやせの金銭感覚が心配になるなあ…。

さて、そんな第3話はお兄ちゃん大活躍。妹を守るために「俺はエロゲを愛している!」とか父親にぶちまけて殴られました。まあ台詞はアレですけど、この上なくカッコいい、兄の模範と言える行動でしたね。こんな姿を見たら実妹だって惚れてしまうでしょう。

そんなわけで桐乃も最後にちょっとデレて、これにてハッピーエンド…というわけではなく、ここまでがプロローグ。次回からは本格的なルート分岐が始まるのかな。京介が選ぶのは桐乃ルート?黒猫ルート?麻奈実ルート?

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
今期のアニメ感想
とくになし
最新イベントレポート
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
星恋*ティンクル
プロフィール

管理人:アレル・ニア(あれる)

ほぼ休業状態

maikyodai@えxcite.co.jp

検索フォーム
Twitter
  
QRコード
QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。