スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花咲くいろは 第21話「蘇る、死ね」(8月4週 火曜日)

縁と崇子が結婚することになった。お金が無いので式は挙げない予定だったが、電六の助言を受けた緒花が喜翆荘で式を挙げることを提案する。
結婚式の料理を任されて張り切る徹。しかし軽率な発言が民子を傷つけ、それがきっかけで民子と緒花は仲違いしてしまう…。

いい式を挙げようと必死に準備を進める縁たち。しかし崇子はずっと浮かない表情で…。
そして崇子はある日、結婚をやめたいと女将に申し出る。女将に結婚を反対されていると思っていた崇子だったが、女将は亡夫からもらった指輪を崇子に渡し、縁を頼むと頭を下げる。
崇子は感激して涙を流すが、しかし、女将は喜翆荘を2人に継がせるつもりは無いと言い出し…。



紙切れ1枚見せただけで、菜子ちゃんから「妊娠する~!」なんて魅惑の台詞を引き出してしまう次郎丸先生はやっぱりすげえや!
しかし、若旦那と崇子さんの馴れ初めを描いた芝居だとか言ってたのに、なぜ妊娠しそうになるような台詞が出てくるのか…。
一体どんな台詞だったのか、菜子ちゃんに詳しく聞いてみたいものです。

民子は徹に告白しよっかなーと思ってたのに、徹のいらんひと言に心を折られ、緒花に八つ当たりして久々の「死ね!」炸裂。
「死ね!」は徹さんに言ってやれよ…。民子は徹にほとんど本音を言いませんよね。徹が民子の気持ちに気付かないのは、徹の鈍感さだけが原因ではないのでしょう。もっと本音をぶつけることができれば、その中から何かしら光明が差してくることもあるかも…。

そして今回のお話の主役である崇子さん。
女将さんに結婚を許してもらえてよかったよかった、イイハナシダナーと思ったら…。
縁と結婚してもいいけど、喜翆荘は継がせない?
女将さんは一体何を言ってるんだい。わけがわからないよ。
世間では女将さんは喜翆荘を畳むつもりなのではという意見が多いですが…。
確かに、映画の件を若旦那に一任したことにしても、どうせすぐ旅館を畳むからもし詐欺だったとしても…という考えだったのだとすれば納得はいきますが…。
さてさて、次回からどういう展開になっていくのか。
喜翆荘の存亡をめぐって、女将さんVS緒花軍団という戦いになっていく?
民子、男のことなんぞで緒花とケンカしてる場合じゃないぞ!

テーマ : 花咲くいろは
ジャンル : アニメ・コミック

花咲くいろは 第20話「愛・香林祭」(8月3週 火曜日)

緒花のクラスのことを心配して手伝いに来た菜子は、民子と緒花が料理のことで意地の張り合いをしている現場に出くわす。
ちょうどいい時間だったので、菜子は昼食を作ろうと提案。
そして、菜子が民子にリクエストしたメニューはオムライスで…。

家庭科室を借りて、見事なオムライスを作る民子。
その様子を見て、緒花や結名、オムライスをメニューに入れたがっていた女子たちは、教室にある調理器具ではオムライスを作るには火力が足りないのだと気付く。
そこで緒花たちは知恵を出し合い、教室でも作れる簡易版オムライスを開発。
そして迎えた学園祭当日、姫カフェにやってきた徹はオムライスを注文。
民子は勇気を振り絞り、ケチャップで「LOVE」と書いたオムライスを作るが…。果たして徹の反応は…?

一方、水野とすっかり仲良くなった菜子は、水野から、菜子をイメージして描いたという絵をプレゼントされてウキウキ気分で学園祭を終える。
そしてみんなで、キャンプファイヤーが行われている校庭へと駆け出していくのだった…。



謎の出し物『Last Tears』は結構ですけど…そこは正ヒロインである乃絵(天使)を描くべきでしょJK…。あの看板描いた人、ほんとーにホビロン!

さて本編。
冒頭のシーン、「どろどろ~」を無駄に七色のボイスで連呼する豊崎が面白かった。
あんな悪夢を見るとは、菜子ちゃんはあの謎絵にタイトル付けてって言われたことが相当トラウマになってたんですね…。
でもラストでは『友達』というタイトルの絵をプレゼントされて大喜び。水野さんの絵に対する苦手意識は克服されたようです。
『友達』は相変わらずよく分からない絵でしたが、水野さんと友達になった今の菜子ちゃんには、あの絵に込められた思いを感じ取ることができたのでしょう。
なんとなくあたたかさの感じられる絵でしたしね。良かったね菜子ちゃん!
でも、結局最後まで手伝いに来なかったクラスメイトどもはほんとーにホビロン!

そして、民子とオムライス少女の対立の件は、オムライス少女が民子がオムライスのメニュー入りに反対していた理由を知って和解。
そして緒花たちのアイディアのおかげでオムライスが無事にメニュー入りし、好きな男子にオムライスを作ってあげることができて、オムライス少女にとっては最高の結果になりました。
オムライスに「LOVE」と書いてる時のオムライス少女は可愛かったですね!
でも相手の男、民子のことが好きなんじゃなかったの?普通にオムライス少女にデレデレしてましたが…。結局、可愛い子なら誰でもいいのか。アンタってほんとーにホビロン!

そして徹さんは民子が書いた特大の「LOVE」に一瞬動揺したけど、隣のホビロン男子のオムライスにも「LOVE」と書かれていたので、深い意味は無いと思ってしまわれたのでした。
「LOVE」の大きさの違いに気付けないあたりが徹さんのニブさか…。
でも、民子が頑張ったってことはみんな知っているよ。いつかその想いが伝わる日が来るさ。
…と思ったら、次回は恋愛方面で波乱の展開になりそう…?いやしかし、緒花のことしか見てない徹さんの気持ちを変化させるには、いっちょ波乱を起こすくらいでないとダメなのかも…?ピンチをチャンスに変えて、頑張れ民子!

テーマ : 花咲くいろは
ジャンル : アニメ・コミック

花咲くいろは 第19話「どろどろオムライス」(8月2週 火曜日)

緒花たちの学校では学園祭の準備が始まっていた。
緒花たちのクラスの出し物は『姫カフェ』。接客担当の緒花や結名たちは喜翆荘の秘蔵制服を使うことに決定し、順調に準備が進む。
しかし、民子たち調理担当のグループで問題が発生。徹が見に来てくれるということで本格的な料理を出したい民子に対し、一人の女子は、片想いしている男子のために彼の好きなオムライスをどうしても作りたいと主張。厳しい口調で却下する民子が、その女子を泣かせてしまい…。

一方、菜子のクラスでは絵の上手い水野の個展を開くことに。
しかし、クラスの皆は準備を手伝う気ゼロで、準備委員の菜子と水野の2人だけで準備を進める。
そんな中でだんだん打ち解けてきた2人。菜子は、水野が気に入っているという絵にタイトルを付けることになったのだが…。



あれ、OPの菜子ちゃんの新規カットが消滅してた?
あれは先週の菜子ちゃん回限定のカットだったのか…。
1回きりしか見られないのは残念でしたが、しかしわざわざ限定カットを用意してもらってるあたり、菜子ちゃん愛されてますね。

さて、今回のお話は学園祭編。
「徹さんが来てくれるからぼんぼるぞ♥」とヨコシマな動機でやる気になってた民子が、「好きな男に食わせたいからオムライスをメニューに入れろだあ?公私混同する奴はホビロン!」と、自分のことは棚に上げて上から目線でモノ言っちゃってるのがなんとも…。
学園祭当日に徹さんにデレデレしてる姿を見られたら、他の女子たちとの関係が完全に修復不可能になってしまいそうです。緒花と結名がうまいことフォローするしかないか…?

着替えシーンのブラジャー姿でハァハァさせてくれた菜子ちゃんは、絵が上手いらしいクラスメイトの水野さんと2人だけで学園祭の準備。
水野さんの絵は抽象的すぎて、上手いんだかどうなんだか分からん…。
そりゃ菜子ちゃんも「どろどろオムライス」なんてタイトルつけるよ。
その水野さん、「実行委員を押し付けられて…」みたいなことを言ってたけど、積極的になろうとぼんぼってる菜子ちゃんなので、実際は自分から実行委員に立候補したのかも…?
そんな菜子ちゃんの気持ちも知らず、準備を一切手伝おうとしない腐ったクラスメイトたち。
菜子ちゃん目当ての下心丸出しな男子が手伝いを名乗り出てもよさそうなものですけどねえ。女を見る目が無いのか、草食系ばっかりなのか…。何にしてもホビロンな連中です。
緒花のクラスの女子については次回でフォローが入ると思いますが、菜子ちゃんのクラスメイトたちのことはスルーされたままになるのかな…。

テーマ : 花咲くいろは
ジャンル : アニメ・コミック

花咲くいろは 第18話「人魚姫と貝殻ブラ」(8月1週 火曜日)

今日は待望の給料日。自分の給料がいつもより多いことに驚く菜子。
菜子は、この給料に見合った仕事を期待されているのだと考えるが…。
翌日の放課後、菜子は緒花たちと一緒に街へ買い物に行く。
結名がコーディネートしてくれた大人っぽい服一式を買ってみるものの、見た目を変えても自分が変われるわけではない…。
変われないまでも、家にいる時の『本当の自分』を仕事場でも維持しようと頑張るが、やる気が空回りしてお客さんに迷惑をかけてしまう…。
自分はこれだけの給料を貰っていいような仲居ではない。落ち込み、自虐的になる菜子に、女将さんはお客さんから預かった手紙を見せ…。



今回からOPに菜子ちゃんのカットが追加されていて、OPを見る楽しみが増えましたね。
OPを飛ばさずに毎回ちゃんと見てる自分へのご褒美ですか?ありがとうございます!

そんな今回は待望の菜子ちゃん回。入浴シーンのおっぱい接写がヤバかったですね!
菜子ちゃんのおっぱいに顔を埋めると、あんな感じの視界になるんでしょうかね。

さて、今は人魚もシャレオツの時代なので、菜子ちゃんは自分を変えようと街の洋服屋さんでオシャレガールに変身です。
可愛いんだけど、他のみんなが制服姿なのに一人だけ超気合入ったオシャレ着ってのはものすごく浮いてましたね…。
ともあれ。そんな菜子ちゃんをナンパしたくなるのは男として当然のこと。
しかし、だからといって菜子ちゃんの白魚のような手に許可なく頬ずりするとは許しがたき蛮行!死ね!ホビロンじゃなくて死ね!

自分を変えるのは大変なので、職場でも自分らしくいられるようにと意識してみる菜子ちゃん。
しかしまさか、菜子ちゃんの自分本来の姿=天然毒舌娘だったとは…。
緒花は何度も毒舌吐かれても折れない心で耐え抜きましたが、蓮さんの豆腐メンタルは一撃で粉砕されました。
菜子ちゃんって実は、緒花に負けないくらいに空気読めない子なのでは…。

しかし、KYだろうとコミュ障だろうと、菜子ちゃんにしかできない、菜子ちゃんだからこそできる仲居の仕事がある。
女将さんはそれを知っているからこそ給料をアップしてくれたのでした。
そして、そんな女将さんの気持ちが嬉しすぎてフニャフニャになった菜子ちゃん可愛いよ!きもくないよ!
地上=外の世界で生きるために無理に自分を変えたり繕ったりするのではなく、そのままの自分で頑張ってみようと決意する。
そんな、菜子ちゃんのパワーアップ回なのでした。

テーマ : 花咲くいろは
ジャンル : アニメ・コミック

花咲くいろは 第17話「プール・オン・ザ・ヒル」(7月5週 火曜日)

喜翆荘に緒花ママから電話が掛かってきた。緒花ママは、映画の話は怪しいので断るようにと女将さんに警告。そしてその言葉通り、ある日突然、伊佐美監督と連絡が付かなくなってしまう…。

映画の話が詐欺だったと分かり、責任を押し付けあう崇子と縁。
従業員たちは今回の件をそれほど深刻には受け止めていないようだが…。
そして、女将さんは縁を部屋に呼び出し…。



詐欺だと思わせて、実は詐欺じゃなかったと思わせて、やっぱり詐欺でした。
最初から露骨に詐欺くさかっただけに、結局そんなオチなの?っていう微妙な感じが…。
ううむ、崇子さんが名誉挽回するとしたらここだと思ったんですけどねえ。
映画で町おこしに成功して、みんなが崇子さんのことを見直して、その手腕に感激した菜子ちゃんが「姉さんって呼んでいいですか?」って言い出すことを期待してたんですが…。
まあ、若旦那にだけは崇子さんの本気度が伝わっていたようだし、崇子さんも若旦那の気持ちを分かってくれたフシがあったので、この2人にとっては悪いことばかりではなかったのかな。
若旦那は、女将さんにも多少は成長を認めてもらえたみたいですしね。

若旦那と崇子さんがプール内でイチャコラしていた様子を覗き見していた、緒花、民子、菜子ちゃんの3人娘。
緒花が「これ以上は見ちゃダメ」と珍しく空気を読んでたことに驚きましたが、あれは孝ちゃんとの恋愛経験のたまものか。
恋愛経験の無い菜子ちゃんは他人の色恋沙汰に興味深々。
民子は徹さんが絡んでないことには興味ゼロで思わず変顔。
それぞれの特徴が出ていて面白いシーンでした。

そして次郎丸先生は、部屋に篭って頑張って書いた脚本が無駄になっちゃってご愁傷様でした…。
次郎丸先生のことだから、無駄にエロスな脚本だったりするかも?
伊佐美監督には、そのシーンだけはちゃんと撮影してからトンズラしていただきたかった…。

テーマ : 花咲くいろは
ジャンル : アニメ・コミック

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
今期のアニメ感想
とくになし
最新イベントレポート
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
星恋*ティンクル
プロフィール

管理人:アレル・ニア(あれる)

ほぼ休業状態

maikyodai@えxcite.co.jp

検索フォーム
Twitter
  
QRコード
QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。